Twitter上のツイートは1日に9000万, それがテレビになだれ込むとどうなるか?

次の記事

音楽療法のCoro Healthが$2Mを獲得してサービスを全米の介護施設等へ展開

TwitterのRobin Sloanが今日(米国時間11/10)、NewTeeVee カンファレンスでテレビとTwitterについて話をした。冒頭で彼はずばり、Twitter上の1日あたり9000万のツイートの相当数がテレビに関連している、と言った(具体的な数字は挙げなかったが)。Twitterのピーク時間はだいたいイコール、実況中継や生放送が行われているときのテレビのゴールデンアワーだそうだ。彼は、”Twitterは第二のEPGだ” と言って、テレビを持ち上げた。

Sloanが本誌のために説明したところによると、“‘対話型テレビ’という言葉は20年前からあり、そんな放送局と受像器がいずれ登場すると思われていた。でも実は、Twitterこそが対話型テレビのプラットホームではないか? 簡単だし、今では、機種やOS等の違いを超えて至る所で使われている。しかも誰もが、テレビについて話すためにTwitterを利用している。”

Sloanによれば、テレビ局によるTwitterの利用の仕方は、だいたい3種類あるそうだ:

  • 番組とツイートの同期化
  • Sloanが挙げる例はDiscovery Channelだ。ここではLIFEという番組(@lifeondiscovery)がTwitterを利用して、視聴者に自分の発見をツイートするよう呼びかけている(ハッシュタグは#mydiscovery)。また、Jersey Shoreの放送中に番組のスタッフがツイートするのも、番組とツイートの同期化の例だ。つまり、番組と並行してコメントなどをツイートするのが、この種類のTwitter利用方法だ。

  • 番組のソーシャル化
  • BETの@106andparkのような番組は、“視聴経験を操作している”点で非常にユニークだ。小道具係などが、視聴者のツイートを見ながら、それに合わせて情景を変えるのだ。つまりある意味では、視聴者がテレビ、あるいは番組を、乗っ取ってしまうのだ(ハッシュタグは#neverthatなど)。このようなソーシャル化によって、視聴者は、“ひとりぼっちでカウチに座ってCheetosを食べてるのは、私だけじゃないのね”という気持ちになれる。

  • 新種のコンテンツ
  • Twitterは、コンテンツの概念を変えつつある。Sloanが挙げるのは、MTVがTJ (Twitter Jockey)のGabi Greggを起用して”会話の振り付け”をやらせた例だ。つまりそれは、今年のVMA賞の授賞式の会場で、#whenbiebermetgagaなどのハッシュタグを使いながらTwitter上の会話を司会していくのだ。#VMAのハッシュタグで230万人がツイートしただけでなく、授賞式の中継番組は視聴者数1100万人という、2002年以降のMTVの新記録を達成した。まさに、Twitterの威力だ。

このように、テレビは集団的会話の(すなわちTwitterの)重要な契機になっている。Twitterとテレビの関係は、今後ますます深くなり、また関係のあり方も多様化していくだろう。一部には、Twitterが自分のテレビ番組を持つ、という噂さえある。Sloanは、このマイクロブログサービスの未来についてこう言う: “コンテンツのもり立て役/脇役になるだけでなく、コンテンツを変えつつある。つまりこれからは、テレビがTwitterをコンテンツの主軸にしていく。

画像提供: Just Jared

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))