ザッカーバーグ曰く「私たちのシステムはメールキラーではない。が、結果的に死んでいく・・・ 」

次の記事

Facebook―毎日3億5000万人が40億通のメッセージをやりとり

今日(米国時間11/15)の新メッセージ・システム発表の中でFacebook CEO、Mark Zuckerbergが、同製品の登場によって噂されるメールの死について、相当言いたいことを言っていた。「これはメールキラーではありません。これはその一部としてメールを含むメッセージ体験です」とZuckerbergは言った。

もちろん続けて彼は、将来Facebookシステムが人々のコミュニケーション方法を根底からくつがえし、いずれメールの価値は下がっていくと語った。今の高校生たち(Zuckerbergが「すごく年寄り」に見える)と話したところ彼らはメールを使わないという。「堅苦しすぎる」とZuckerbergは指摘する。

これも未来にあてはめればメールの終りを意味している。どうもZuckerbergは現在大勢の人たちが使っているシステムの死を語ることを避けて通っているように思える。当然こういう物言いは大きな騒動を呼ぶことになる(Facebookがフォントのサイズを変えた時に起きた大騒動を考えると、Zuckerbergがメールの死を予言することは実に恐ろしい)。

さらに彼は、本誌などがこの新システムを「Gmailキラー」と呼ぶことについても直接言及した。「Gmailは本当に良い製品だと思います」とZuckerbergは言った。しかし、ここでも彼は実質的に、それが未来の世代が徐々に使わなくなる良い製品だと言っている。

メールは煩しすぎる、と彼は指摘する。まず件名があり、形式的な挨拶があり、結びがある。ティーンエージャーがSMSとIMを使うのは、ずっとシンプルだからだ。そしてそれが、今Facebookが全員の生活に取り入れようとしているものだ。メールをゲートウェイドラッグ(入門薬物)か何かのように使って。

私たちはメッセージシステムから機能を取り除くべきだと考えています。最少限にすべきです」とZuckerbergは言った。

メールには不吉な前兆が見えている。Facebookは予言の文字が書かれた壁がFacecookウォールであることを願うのみだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)