ニュース
StumbleUpon App Discovery
StumbleUpon
Android(製品・サービス)

StumbleUponのAndroidアプリケーション発見機能: 利用件数100万を突破

次の記事

Googleの最新広告製品5種を5行で紹介しよう

発見エンジンStumbleUponが最近発表したApp Discoveryは、同社のAndroidアプリケーションの無料の(まだベータの)機能で、ユーザの個人的関心や好み、それに友だちや、自分と似たもの同士の人たちの関心に基づいて、モバイルアプリケーションを提案してくれる。

その利用状況を見ると、人びとは出先でも、StumbleUponを使ってランダムにいろんなものを発見することが好きなようだ

これまでの実績をたずねると、同社は、リリースから2週間で100万以上のアプリケーション提案を行ったという(アプリの本数ではなく提案の件数)。Androidのアプリケーションはすでに10万以上あるから、こういうアプリケーション発見サービスのニーズもたしかにあるのだろう。

StumbleUponのAndroidアプリケーションは、ネイティブアプリケーションだけでなくWeb上のコンテンツも推薦する。しかし同社によると、ユーザがStumbleUponを使ってランダムに発見して楽しむものの25%がアプリケーションであり、コンテンツではない。つまりモバイル上でのStumbleUponの使われ方の残る75%が、デスクトップと同じコンテンツの発見だ(StumbleUponは本来、コンテンツのランダム発見を楽しむサービス)。

いずれにしても、StumbleUponによれば、同社の無料のAndroidアプリケーションのダウンロードは急上昇している。このアプリ発見機能が加わってからは、倍増したそうだ。

そして、ユーザがStumbleUponで発見してダウンロードしたAndroidアプリのトップファイブ(top 5)が、これらだ:

Angry Birds(まあ当然)

Camera 360

Google Sky Map

Gmote 2.0

Alchemy

アプリケーションやその機能の品定めに関心のある人は、Android用のそのほかのアプリケーション発見サービス、AppsfireAppAwareなども試してみよう。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))