スティーブ・ウォズニアック:Appleは某日本企業と共同で2004年に携帯を出す寸前だった

次の記事

天地はひっくり返る。MySpace、Facebookに全面降伏

今朝(米国時間11/18)、Appleの共同ファウンダー、Steve Wozniakまた興味ある発言をした。オランダの新聞De Telegraafとのインタビューで、彼は Appleは2004年にある日本のエレクトロニクス・メーカーと共同でスマートフォンを開発したが、発売する前にお蔵入りにしたことを明らかにした(Engadgetから)。

Appleが最初にiPhoneをリリースしたのは2007年1月9日Macworld会場だった。

WozniakはDe Telegraafとのインタビューで、iPhoneは極めて高品質のデバイスだが、結局はAndroidが市場では優勢なプラットフォームになるだろうという見通しを示した。またNokiaについては「過去の世代のブランド」と批判した。

Appleが日本企業(Wozniakは名前を明かさなかった)と共同でそれほど早くからスマートフォンを開発していたというのは興味深い。ただしこの2004年のプロジェクトはデビュー前に中止されてしまった。以下はおランダ語のインタビュー記事の翻訳。

Appleはその〔2004年の〕スマートフォンの品質には満足していたが、世界を驚かせるにはまだ何かが足りないと考えた。Appleが製品をリリースするときは画期的でなければならない。絶対的に競争力がある製品を開発できたのでなければ新しい市場に参入するべきではない。そういう製品を開発するためには、開発チームは社内でも隔離されていなければならない。デベロッパーはすでに辿られた道を避ける必要があるからだ。

Wozniakはまたインタビューの中で、iPhoneではなくGoogleのAndroidが、最後には優勢なプラットフォームとなるだろうと述べた。彼はAndroidの成功をMicrosoftのWindows OSの成功に例え、成功の陰の欠点も似ていると語った。

WozniakはAppleはAndroidにはまだ改善すべき点が多々あるとし、本来あるべきほどには一貫性がないと指摘した。彼はAndroidはiPhoneにくらべてよりオープン性が高く、機能も多様だとしてやがては品質でもAppleのiOSと肩を並べるレベルに到達するだろうと認めた。またiPhoneは万人向けのデバイスではないと語った。

インタビュー記事でこう述べている。

iPhoneにはほとんど欠点がない。ユーザーから深刻な不満を聞いたこともない。こと品質にかけてはiPhoneが他をリードしている。Appleは世界に対して進むべき道を示した。ただしAndroidはもっと機能が多い。

インタビューの終わりで、WozniakはフィンランドのNokiaについても触れ、「Nokiaはイメージ問題を抱えている」とし、「このブランドは過去の世代のものだ」と述べ、Nokiaは若い世代向けに新しいブランドを立ち上げるべきだと指摘した。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01