本誌が最近"死"を宣告したものがこんなにある–まるで墓場だ

次の記事

Chrome OSはやっぱり年内に出るそうだ(たぶんベータかもしれないが)

今はニューヨークからの帰りの機内だが、忙しくて数週間ごぶさたしていた本誌記事をようやく読むことができた。そして…これはひどい…、いつのまにTechCrunchは、ジェノサイド(大量殺戮)の修羅場と化したのだ?!。

至る所に、本誌のライターたちが、”殺された”あるいは”死んだ”と報じたサービスや技術、物などの、浮腫(むく)んだ腐乱死体が転がっている。

それらの記事を全部は読めなかった読者のために、以下に、本誌が死亡を報じたものたちの、一覧表を作ってみよう。それでは参ります…

Point and shoot cameras(デジタルカメラ)

Talking to people(人と直(じか)に会って話すこと)

Publishing embargoes(報道規制)

Subject lines(メールの’件名’)

A magazine(雑誌)

Email (たぶん)(メール…たぶんFacebookに殺された)

Cable TV(ケーブルテレビ)

The MP3(MP3)

RSS(RSS)

The phone call(音声電話)

Email (またまた)(メール…またまたFacebookに殺された)

Headphone cables(ヘッドフォーンのケーブル…Bluetoothに殺された)

US News & World Report(US News & World Report…有名な雑誌)

HireHive, SellIt, Rudder(3つの有望スタートアップ…死因はさまざま)

My MacBook Pro(ぼくのMacBook Pro…Montblancの万年筆に殺された)

MG’s MacBook Pro(MGのMacBook Pro…MacBook Airに殺された)

The CD(CD)

Twitter’s website(TwitterのWebサイト)

The mouse(マウス)

The mouse again(マウス…再び)

すごい。しかし、これだけ並べば、もう殺される候補は残ってない、と思ったあなた、あなたは大間違いだ。おそらく次のものは、今年中に本誌によって死を宣告されるだろう。

  • DVDプレーヤー
  • テキストメッセージング
  • 科学電卓
  • 郵便/郵便局
  • クリスマスカード
  • 車のスポイラー
  • 芝生の装飾品
  • “u”の文字
  • ベルギー
  • スプレー式チーズ
  • Skype用ヘッドセット
  • Bradley Cooperの主演映画
  • ハイフン
  • TiVo
  • 10代の悩み
  • メールの最後の”XO” 〔キスとハグを表す〕
  • 熱いものを入れた紙コップを入れるためのスリーブ
  • 腕時計
  • リサイクル
  • 二塁ベース 〔野球はすべて三角ベースになるというジョーク〕
  • 無料のおかわり
  • 予備ボタン 〔既製服などに付いている修理用ボタン〕
  • .org 〔TLD〕
  • ナニナニに”燃えている”という表現
  • Spotify

…ここでもメールをさらに二度挙げたいんだけど。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))