Google、MS OfficeとGoogleドキュメントを同期するプラグインを発表

次の記事

本日の教訓:Facebookを怒らせると、検閲されて忘却の彼方に追いやられる

何年も前から生産性ツールはやがてクラウド化すると言われてきた。ところが、クラウド上でリアルタイムで共同作業ができるようになるというのは私のようなテクノロジーマニアには嬉しいニュースだが、一般ユーザーにとっては別のことを意味する―何百万人ものユーザーが慣れ親しんだMicrosoftOffice 2003や2007の環境を離れて新しいアプリケーションの使い方を習ったり、高額な有料サービスに登録したりしなければならないということだ。しかしGoogleは今までのやり方を大きく変えることなくクラウド化を進めることができるオプションの提供を始めた。

今日(米国時間11/22)、GoogleはCloud ConnectというMicrosoft Office用プラグインを発表した。このプラグインはOfficeスイートの各アプリケーションを直接にGoogleドキュメントに統合する。利用は無料。Wordで文書を編集している場合、このプラグインはユーザーが「保存」を実行するたびに、自動的にGoogleドキュメント上の文書に同期させる。同僚に文書を見せたいが、相手が利用できるフォーマットが分からないといった場合でも心配は無用だ。Googleドキュメント上の文書のリンクを送ればよい。ブラウザさえあれば閲覧できる。このプラグインはMicrosoft Word、PowerPoint、Excelをサポートしている。Googleドキュメントの将来戦略に大きな意味を持つ動きといえる。

このプラグインはApps for Businessののメンバーには即時公開される。他の一般ユーザーにも順次公開される予定だ。Update: Googleでは「あまりに要望が多いため、ボランティアの募集は打ち切ります。こちらからサインアップしたユーザーには後日招待を送ります」と掲示している。

Microsoft自身も最新のOfficeにはオンライン共同作業機能を付け加えているが、Googleのプラグインの方が一歩上を行くものだ。Google版はOffice2003、2007、2010のいずれでも作動する上にSharePointを設定する面倒もない。またGoogleはMicrosoft版はまだExcelをサポートしていないと指摘している。

このプラグインは去る3月のDocVerseの買収 の結果だ(Googleが買収後わずか8ヶ月でプロダクトの公開に漕ぎ着けたことは注目してよい。非常に要望が強かったことを物語る)。プラグインのインストールは簡単で、ダウンロードに30秒、自動的なインストールにもその程度しかかからないようだ。

インストールが終わると、Office画面の上部に新しいリボンが表示される。ここに現在編集中の文書のGoogleドキュメントへのリンクが表示され、Googleのサーバへの同期が行われるたびに通知される。編集中の文書をローカルに保存すると、前述のよう、Googleドキュメントにも同期して保存が行われる。通常のGoogleドキュメント文書のように編集中に随時自動的に保存が行われるわけではないので、この点は注意が必要だ。Googleドキュメントのプロダクト・マネージャーのJonathanRochelleは「Officeのユーザーを戸惑わせないためにこうした仕様にした」と説明する。Officeでは文書は自動的に保存されず、必ずユーザーが保存ボタンを押す必要がある(アプリが異常終了した場合の修復用ファイルは存在するが)。そこでこういう仕様となったというのは納得がいく。

複数のユーザーが同一の文書を編集してその結果を保存のたびごとにGoogleドキュメントに同期させることも可能だ(クラウド万歳)。しかし同期がリアルタイムで行われないため、複数の内容の衝突が生じる可能性は残る。私がPowerPointのスライドに何か書きこんだ後で、同僚がそれと違うことを同じスライドに書きこむかもしれない。Googleはこうした矛盾に対処するために、「どのバージョンを保存するか?」とユーザーに尋ねるオプションを用意している。またユーザーが編集をロールバックして以前の版に戻したい場合に備えて、文書のバージョン履歴も用意されている。

問題なく作動しそうだが、ユーザー側では利用の当初、同期と編集内容の衝突の処理について多少の慣れが必要になるかもしれない。その後、Googleドキュメントのクラウド環境がもたらすさまざな可能性を試してもらうことができるだろう。小さな一歩だ。

実際この「小さな一歩」ですむというところにGoogleの苦心が見てとれる。Googleによれば、多くの企業がGoogle Docsへの乗り換えを希望しているものの、理由はさまざまだが、頑としてOffice環境から離れようとしないユーザーを大量に抱えている〔ことが障害となっている〕という。このプラグインはいわば「ハイブリッド」方式を取ることによって、乗り換えのハードルを低くすることが狙いだ。長期的には、こうしたハイブリッド環境を入り口として多くのユーザーがGoogleドキュメントに馴染み、やがてOfficeにまったく頼らなくなることを望んでいるものと思われる。

ただし、今のところ、このOfficeプラグインには一つ大きな制限がある。簡単に説明するのが難しいので、少し長くなるがお付き合いいただきた。ユーザーがPowerpointファイルを保存してGoogleドキュメントに同期させ、ウェブブラウザからGoogleドキュメント上で編集した場合、その編集内容を元のローカルに保存されたPowerPointファイルに同期させるととはできない 。ただしGoogleドキュメントで編集された内容で新しいPowerPointファイルを書きだすことはできるが、自動では同期しないのだ。

これはまだGoogleドキュメントではOfficeドキュメントのフォーマットが完全にサポートされていないところか来ている。GoogleドキュメントからオリジナルのOfficeドキュメントに同期させると、Officeドキュメントのフォーマットにユーザーが意図していない変更が加えられるおそれがある。Googleはこの問題の解決に向けて努力しているものと思われるが、フォーマットの完全な双方向変換が実現されるまでにはまだ時間がかかるものと思われる。

ちなみに、数年前からわれわれが紹介してきたOffiSyncというスタートアップを記憶している読者もいるかもしれない。OffiSyncも今回のGoogleのものと似た機能のプラグインを提供している。Googleがいわば公式のソリューションを出したことによってOffiSyncは打撃を受けないだろうか? GoogleのRochelleは「その心配は少ないだろう。OffiSyncはわれわれのプラグインにない機能も提供している。またこの問題についてはさまざなアプローチが可能だ」と語った。

残念ながら、このプラグインはMac版は提供されない。Googleに
よると、MicrosoftはMac版のOfficeについてWindows版と同じAPIを公開していないのだという。つまりGoogleとしてはどうしようもないということらしい。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01