ChromenoUIデザイナー、ご機嫌に簡単な写真共有サービスを発表(実装に使われているのはHTML5)

次の記事

人と話すことも終わりだね–だんだんと

写真やモックアップ、スクリーンショットなどをとにかく迅速に共有したいと考えたことはおありだろうか。そういう方はDropMocksを試してみて欲しい。公開したいデータをドラッグ&ドロップして、それで作業は完了となる。登録した画像はCoverFlowスタイルで一覧でき、そのそれぞれに公開用のURLが付いている。

デスクトップにあるデータを使って、5秒で作成したサンプルをご紹介しておこう。スクリーンショット集も簡単に作成できる。何枚かの写真を登録した集合をギャラリーとして名前を付けることもできる。それで十分実用になるというわけだ。

このDropMocksはGoogle ChromeのUIデザイナー(ブラウザおよびOSの両方を担当している)であるGlen Murphyのサイドプロジェクトだ。実装に使っているのはHTML5技術のみだ。Flashは用いられておらず、CSSとJavascriptのみで動作している。アップロードと表示にかかる時間は驚くほどに短い。尚、このサービスは友人同士に限定してファイル共有を行うためのものではない。いったんアップロードすれば誰でもリンクをたどって登録したギャラリーを閲覧することができるようになる。

Chris Messina™@chrismessina
Chris Messina™

Two webapps from Googlers that you probably never heard of: http://fullscreen.me and http://dropmocks.com /by @alc0r & @gmurphy respectively

about 13 hours ago via webRetweet

原文へ

(翻訳:Maeda, H)