Googleストリートビューの「路上で出産」写真はイタズラだった

次の記事

話題の「ソーシャル」ブラウザRockMeltが初の大規模アップデート。Chromium 7を採用し、ソーシャル機能を強化。Gmailの更新通知も使いやすくなった

Googleのストリートビュー撮影車が通り過ぎたとき、たまたま歩道上での出産シーンを撮影していた―話が出来すぎているような気がしないだろうか? 事実出来すぎていた。

この写真はドイツのベルリン郊外のWilmersdorf、正確にはNo. 37 Hubertusallee, BerlinでGoogleのカメラカーによって撮影されたとされている。この写真はTwitterとFacebookで現在評判になっている。

車が急いだ様子で道に止めてあり、ドアが開いていて、男が赤ん坊を腕に抱いている。なるほど。

ドイツのpcgames.deというウェブサイトはこれをイタズラだと断じている―実際、簡単に分かることだ。

たとえば、これが写真が撮影されたとされる場所の地図だが、すぐ近所に病院があるのに気づくだろう。

車で2分もかからないところに病院があるのにどうして車を止める? そんなことをするはずがない。

それだけでイタズラというには弱い?

こちらはNo. 37 Hubertusallee, Berlinの実際のストリートビュー写真だ。.

そう、中央部分にモザイクがかかっている。ドイツでは今月ストリートビューの開始に当たって24万人の住民がオプトアウトしている。その結果だ。

最後に、Googleドイツも写真はニセモノだと確認したことを付け加えておこう。そもそもGoogleに尋ねるまでもないような話だったのだが。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01