ニュース
Buildor

最初から最後までブラウザ上でHTML/CSSのエディティングができるBuildorPro–既存サイトの改装も

次の記事

次世代Facebookを目指す4つのプロジェクト–オープンソース, 分散アーキテクチャがキーワード

Webデザイナーは完成した作品をWebブラウザの中で展開しなければならないから、デザインツール自体もブラウザの中にあればいいだろう。

と考えたのがBuildorProだ。世界初の、ブラウザ上で使うWebデザイン/開発環境としてのHTML/CSS用ツールを提供、とうたっている。ベテランのWebデザイナーにとっては、 CodaやEspressoをクラウドに置いたもの、と見えるだろう。ロンドンのBuildorが作ったこのアプリケーションは、今はまだ非公開で招待制のベータだが、本誌は300名ぶんの招待状をもらった

BuildorProはHTML/CSSエディタであるだけでなく、Webデザインの速成プロトタイプをビジュアルにざっと作ることができるが、でもしかしそれも、立派に本物のWebページだ。あらゆることが、Webブラウザ内で行われる。フォントの表示もリキッドレイアウトも、だからすべて最終的な本物だ。ただし、WeeblyやYolaなどのWYSIWYGのWebページビルダーや、Dreamweaverのような肥満症ツールと一緒にしてはいけない(Dreamweaverってまだ使われてるの?)。

BuildorProは、プロのWebデザイナーやデベロッパが既存のツールの代わりに使って、新しいWebページのHTMLやCSSを書いたり、既存のWebサイトのマークアップを管理するためのツールだ。しかも、すでに述べたように、アプリ自体がWebブラウザ上で動くから、マークアップの結果をその場ですぐにプレビューできる。デスクトップツールを使って、結果をブラウザで確認、という行ったり来たりがなくなる。Dreamweaverなんかではツールの画面とブラウザ上の結果が全然違ったりしたが、それもなくなる。…というのが、Buildorの主張だ。

また、時間の節約になりそうな便利な機能は、サイトの既存のマークアップを取り込んでエディットできることだ。FirefoxのアドオンFireBugなどを使ったことのある人は、マークアップをリアルタイムでエディットできることの便利さをよく知っているはずだが、BuildorProでは行った変更をすべて保存できる。これも、作業のスピードアップに貢献するだろう。

BuildorのファウンダBart MilnerとJames Lawは、まだ自己資金だけで会社を動かしている。収益モデルとしては、BuildorProがベータを終えたら有料会員制のサービスにすることを考えている。ただしその金額などはまだ発表していない。たぶん、無料バージョンありのフリーミアムモデルを採用するのではないかな。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))