ニュース
Zynga(企業)

ZyngaのFarmVilleが日出ずる国に進出–その名も「ファームビレッジ」

次の記事

eリーダーの分野でiPadがKindleに迫る–やや'統計のウソ'もありそうだが

英語世界を席巻しただけではまだ物足りないZyngaの巨艦FarmVilleが、もうすぐ日本で立ち上がり、英語以外の世界に初デビューする。その日本語化されたモバイルバージョンのゲームは、ファームビレッジと呼ばれ、公開は”12月初め”の予定だ(日本語編集部注:本日よりmixi上で公開された)。

ファームビレッジは、日本最大のソーシャルネットワークMixiから提供される。対象はモバイルの’フィーチャーフォン’*だけで、Web上のバージョンはないが、Mixiへのアクセスのほとんどが携帯電話からなので、とくに問題はない。これがリリース第一弾となるZynga Japanは、ソーシャルゲーム企業ZyngaとSoftbankのこの夏に発表されたジョイントベンチャーだ(Softbankが$150M(1億5000万ドル)を出資する)。〔*: feature-phone, スマートフォン以前のふつうの多機能携帯電話。〕

これは、Zyngaの最新の国際展開だ。夏には繁体字中国語版のTexas Pokeを立ち上げ、近くCityVilleの英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語の各バージョンを同時に立ち上げる(Zyngaにとって初めての、最初から多国語化するゲーム)。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))