ニュース
Opera(製品・サービス)

Opera、利用者数150Mを達成。代表者のメールボックスをウェブで公開するという大胆プレスリリース!?

次の記事

Googleを訴えた夫婦の裁判が1ドルの賠償金で結審

Opera.comのスペシャルページはご覧になっただろうか。ノルウェイを代表するソフトウェア企業である同社のスポークスマンがサイトを見てみて欲しいと言ってきた。その話にしたがって覗いてみると、Opera Softwareの共同創立者であるJon S. von Tetzchnerのメールボックスが表示されるようになっていた。画像ではなく、クリックすると実際に動作するようになっていた。

もちろんこれは本物の受信箱ではない。記録達成の祝宴でアルコールも入ったであろうマーケティングチームが、意見を戦わせて作成した一風変わったプレスリリースというわけだった。

von Tetzchnerが受信したメールとされる文書の中に、Opera Softwareからのリリース情報が含まれていたわけだ。内容はというと、Operaがついに1億5000万ユーザー獲得という区切りに到達したというものだ。

数字に興味を持つ人のために言っておくならば、1億4000万を達成したのは、今年の9月のことだった。

念のため申し添えておくと、この数字は全プロダクトの利用者を合算したものではある。すなわちデスクトップ版、モバイル版、およびテレビなど向けなど携帯電話やパソコン用以外の利用数も併せて計算されたものだ。

つまりこの数字には重複してカウントされている利用者もいることになる。しかしそれにしても、どういうわけか大注目されるというわけでもない同社にとって、大成功と言える数字だろうと思う。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)