もう一人のFacebook創立者サベリン、ザッカーバーグを出し抜きインドネシアを訪問

次の記事

心理的価値―iPadがGalaxy Tabより愛される理由

誰か私に「Eduardo Saverinはどこ?」ロゴを作ってくれないだろうか。彼がシンガポールでFacebookのゲームに投資をし、ペントハウスに身を潜めていることを書いた私の記事に続き、Saverinがスタートアップ何社かと会いにインドネシアに飛んだというニュースが入った。

左の写真はSaverinとGantiBajuのAria Rajasaで、GantiBajuというのは私がここに書いたように先月ジャカルタでSparkxUp賞を受賞した会社だ。「これは秘密のはずだったが、彼の写っている写真を胸の中にしまっておくのが難しい人もいるようだ。

念のために書いておくと、インドネシアはFacebookで世界第2位の市場だ。しかし同社は状況把握のために幹部を送り込むことを怠ってきた(この記事が出た後、Nexian(インドネシア最大の掲携帯電話会社の)に折り返し電話するよう私から忠告すべきだったのだが)。当地ではSevrinが、地元起業家たちに愛情を示した初めてのFacebookファウンダーとして、英雄並みの歓迎を受けたことは間違いない。

[訳者の蛇足:Eduardo SaverinはMark Zuckerbergのハーバード時代の親友でFacebookの共同ファウンダーであるが、後に二人の関係が悪化し裁判ざたにまでなった。この顛末は米国でヒット中の映画「ソーシャルネットワーク」(日本では新春公開)メインストーリーの一部になっている]

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)