[jp]Groupon Japanは毎週月曜日に50、60人の新入社員を迎える

次の記事

YahooとAOLの合併の噂: 一つの石は水に浮かないが二つ一緒なら浮く?そんな!

京都で開かれているInfinity Ventures Summitの最初のセッションは話題のGroupon創業者でCEOのAndrew Mason氏とGroupon Japanの執行役員の野田臣吾氏が登壇した(Andrew Mason氏はSkypeでシカゴからの参加)。

このセッションで野田氏が明らかにした驚くべき数字は、その採用のスピードだろう。現在、Groupon Japanでは毎週月曜日には新入社員が50人から60人も入社するのだというから驚きだ。そしてそこから研修をして実際の現場へと向かうということになる。人事担当者は月間あたり1000人程度面接しているのだという。現在のところ600人の従業員がいるというが、以前に報道したとおり年内の700人は間近だということだろう。

このほか野田氏が明らかにしてくれたのは、史上最速の成長の裏側で何が行われているかだ。Grouponは北米のGroupon USAとベルリンに本部を置く30カ国展開するGroupon Internationalに分かれている。このGroupon Internationalでは日々、Groupon Worldcupと処して世界中でKPIを競い合っているのだという。現在のトップを走るのはフランスだということだが、日本市場には非常に大きな期待が寄せられていて、東京だけでもフランスの同等の規模にするように急かされているのだという。

現在、ベルリンからGroupon InternationalのCEOがやってきて、2週間ごとに計画の上方修正を求められるなど、その成長力を試されているようだ。

このほか累計割引総額が30億円を超えて自社調べでは国内では独走していることを強調していた。