Chrome OSのローンチを控えて、Googleクラウドプリントのベータテスト開始

次の記事

Google Chromeアプリストアにあのウィジェット経済が再び

去る4月にわれわれはGoogleがChrome OSと同時に開発を進めている非常にスマートな機能を紹介した。Cloud Printだ。普通のOSの場合、あらゆるプリンタ・ドライバをパソコンにインストールしておかねばならない。Googleのクラウドプリントはこれをクラウド上(Googleのサーバ)のサービスに置き換えようとする試みだ。こうすれば、ユーザーはどんなOSのマシンからでも各種プリンタに印刷出力できる。ユーザーはChrome OSからだけでなく、あらゆるモバイルOSからプリントアウトができるようになる。このクラウドプリントがまもなくローンチされるようだ。

すでにこのページからGoogleクラウドプリント機能を備えたChromeブラウザ(ベータ版)がダウンロードできる。さらにこのページからテスト印刷も実行できる。

ただし、ベータ版でひとつ注意すべき点は、このバージョンではWindows 7、Vista、XPしかサポートされていないことだ。ただしMacとLinuxも近々追加される予定。Windows版が優先されたのはプリンター側の事情によるもようだ。ベータ版では印刷はWindowsPCに接続されたプリンタに対して行われるようだ。

以前の報道では、この機能にはChrome 9(デベロッパー・ビルドのバージョンは現在9になっている)が必要で、Chrome 9の標準機能として公開が予定されていた。5日前の情報では、クラウドプリント機能はChromeマーケティング・チームの承認を得るために引き渡されたもよう。Chrome OSも、Chromeブラウザと同様、デベロッパー・チャンネル版、ベータ版、安定版が順次公開される。おそらくクラウドプリント機能はChrome 8ではなくChrome 9(つまりChrome OS内部で)のデベロッパー版(もしかするとベータ)でのみまず提供されるのではないか。

WebSonic.nlはクラウドプリント機能がWindowsマシン上で実行されている際のスクリーンショットを掲載している。この記事のスクリーンショットは私のMacマシンからのもの。

MoreChrome OS And Chrome Web Store To Play Up Web-Based Gaming At Launch

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01