コードが公開されたKinectにハッキングの秀作が続々登場

次の記事

鯨がついにエラーページの標準シンボルになった–GoogleがTwitterのネタをそのまま採用

Kinectはとてもおもしろいゲーム用品だ。誰もそれを否定しないだろう。この150ドルのUSBデバイスは、あまりにもよくできているので、ついにWikipediaの単独記事にもなった:

〔以下は、Kinectの日本語エントリからの引用: 〕

“RGBカメラ、深度センサー、マルチアレイマイクロフォン、および専用ソフトウェアを動作させるプロセッサを内蔵したセンサーがあり、プレイヤーの位置、動き、声、顔を認識することができる。これにより、プレイヤーは自分自身の体を使って、直観的にビデオゲームをプレイすることができる。 常にプレイヤーの位置、身長を測定し、最適なプレイができるよう上下の角度の自動調整が行われる。Video Kinect (Kinectを使用したビデオチャット) にも対応した映像センサーも装備している。”

これは明らかに、Microsoftのホームランだ。

デベロッパたちはすぐさまこのデバイスに飛びつき、さまざまな改造、ハック、いたずらなどをやってきた。最初Kinectは頑固にコードを非公開にしていたが、やがて3000ドルの賞金を提供する連中が現れ、賞金に釣られた人たちによってついにコードは丸裸にされた。それから今日までの約1か月で、どんなハックが行われたか、ここで優秀作をいくつか見てみよう。わずか30日あまりでこれだけの成果だから、来年もデベロッパコミュニティにおけるKinect人気は燃え続けるだろう。

3Dビデオキャプチャ立ち上げ後10日

ご覧のように、これは要するに”写真的な”ビデオストリームを”深度”のビデオストリームにマップしたもので、その奇妙なところが心を打つ。

すべての面をマルチタッチに立ち上げ後11日

これはかなり単純明快だ。Kinectはシーンを3Dで見るので、ユーザは対話領域のプレーンと境界を設定する。そして、マルチタッチだ!

Kinect影絵立ち上げ後14日

このハックは、生きて呼吸をする鳥を壁の上に作り、手の動きで制御する。Microsoftが公認しそうもない、すごいハッキングだ。

リアルタイムライトセーバー立ち上げ後15日

そこらの自家製のツールだけを使って、Yankeyanが作ったKinectのトリックは、あなたのぶざまな動きの画像にスターウォーズのライトセーバーを加える。

Kinectでコントロールするロボット立ち上げ後18日

このKinectによるR.O.B.は、Willow Garageの作品。まだ完成していないが、同様のシステムにとって大いに参考になるだろう。今後の製品は、もっと高価で複雑なモーション追跡システムを使う市販製品になるだろう。

2台のKinectを使うリアルタイム人間追跡立ち上げ後28日

スイスのÉcole Polytechnique Fédérale De Lausanne(ローザンヌ国立技術学校)の学生が2台のKinectのセンサーを使って、物陰や暗闇の中でも人間を追跡できるシステムを作った。

障害物を避けながら自律飛行する四翼ヘリコプター立ち上げ後32日

Kinectを3Dレーダーとして使って、あらかじめ決められたルートを自律飛行する。障害物回避は、すでに完璧。次の実装では武器化を行い、その次は自己複製や知的集団飛行に取り組むだろう。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))