YouTubeが投稿ビデオの時間制限の撤廃を慎重に開始

次の記事

GoogleのCr-48 Chromeノートブックは「Flashがだめ」の大合唱に

YouTubeは言わずとしれた人気サイトだが、ユーザにはある重要な制約が課せられている。あの嫌われ者のタイムリミット、投稿するビデオの長さの制限だ。それまではずっと10分だったが、7月に15分になった。時間を制限する理由は誰にでも分かる: 著作権のあるテレビ番組や映画の全篇が投稿されることを防ぎたいのだ。それには、時間制限がいちばん簡単で有効だろう。しかし今日(米国時間12/9)、YouTubeは一部のユーザに対して時間制限を完全に撤廃する、と発表した

いまのところ、何人のユーザが時間制限なしになったのか、分からないが、YouTubeによれば、”ビデオを投稿するにあたり、YouTubeのコミュニティガイドラインと著作権に関する規則に違反していない履歴を持つ選ばれたユーザに対して、15分よりも長いビデオのアップロードを許可する”、ということだ。相当曖昧な言い方だから、今YouTubeに詳細を問い合わせている。おそらく、こういうことだろう: YouTubeはこの方針をゆっくりと展開する、また、特定のアカウントに対してのみ適用する。

制限撤廃は、長年の課題だった。そしてそれは、YouTubeのContent IDシステムによってやっと可能になった。Content IDは、相当すごい技術だ…YouTubeには、ケーブルテレビや映画会社やそのほかのパートナーから提供された有権コンテンツの膨大なアーカイブがある。ユーザがアップロードしたビデオを、それらと照合するのだ。新しい技術とは言えないが、YouTubeがそれをやる規模とスピードは、すさまじい(なにしろ、毎分35時間ぶんのビデオがアップロードされるのだから)。

なおYouTubeは、パートナー企業に対しては長時間ビデオのアップロードをかなり前から許容しているが、一般ユーザに対してはまだだった。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))