映画「ソーシャルネットワーク」、ゴールデン・グローブ賞に6部門でノミネート―オスカーも期待できそう

次の記事

新しく店開きしたChromeウェブストアで一番人気はTweetDeck

興行収入でも好成績をあげ、批評家から圧倒的な高評価を得た映画The Social Network邦題「ソーシャル・ネットワーク」、1月15日公開〕 はゴールデン・グローブ賞で、作品賞を含む6部門にノミネートされた。

ゴールデン・グローブ賞はオスカー〔アカデミー賞〕と高い相関関係があることが知られている。ということは今回の多数のノミネートはこの映画(ソニーピクチャーズ)にとって大きな一歩だ。

「ソーシャル・ネットワーク」のノミネーションは以下のとおり。

オリジナル作曲賞にトレント・レズナー、主演男優賞にジェシー・アイゼンバーグ(マーク・ザッカーバーグ役)、監督賞にデビッド・フィンチャー、助演男優賞にアンドルー・ガーフィールド(エドゥアルド・サベリン役)、アーミー・ハマー(ウィンケルヴォス兄弟・2役)、脚本賞にアーロン・ソーキン。そしてもちろんこれが一番重要だが、ドラマ部門の作品賞にもノミネートされている。

もちろんまだノミネートされただけだが、来年のオスカーに向けて期待がふくらんできたことは確かだ。

ゴールデン・グローブ賞の発表は 2011年1月16日。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01