Googleは2011年に本格的な映画ストリーミングサービスに進出

次の記事

iPadがギターの先生に変身する優れものMiso MusicのMiso MediaがGoogle Venturesから資金を獲得

Googleは同社の長編映画のストリーミングサービスを拡大する…、その製品の説明を受けた某情報筋がそう言っている。そのサービスは、Googleが今年の初めに立ち上げて今行っている映画の試験的なレンタル/ストリーミングの延長線上にある。その情報筋は、2011年の早期に発表が行われ、大々的にマーケティングされると言う。

Netflixの役員だったRobert KynclをGoogleは今年の初めにスカウトしたが、彼が映画会社との交渉を担当しているらしい。サービスは最初、ヒット作品に集中し、マーケティングもそれを中心に…Google TV込みで…展開される。時間をかけて、非常に充実した奥の深いライブラリを構築する。既存のレンタル作品は、たしかに、新作のヒット作品ではない。

今月初めにGoogleは、ビデオ配布企業Widevineを買収した。Widevineの技術が、新たな映画サービスに利用されるのだろう。

今本誌は、Googleにコメントを求めている。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))