ScienceFiction.com

ScienceFiction.comは"SFのTechCrunch"になることを目指す

次の記事

デートサイトLadieshoesmeでは自分を一足の靴として紹介しなければならない

ドメインネームに投資しブログもやっているPatrick Ruddell (a.k.a. Chef Patrick)が、ScienceFiction.comというネームに出会ったとき、どうしてもそれを欲しい彼は大枚17万5000ドルで買った。

そのドメインネームは、Domain Capitalという金融業者が焦げ付いたローンの担保として持っていた。Ruddellは二人のSFギークの友人にコンタクトして、それをビジネスに仕立てた。

そして今日(米国時間12/23)、ScienceFiction.comは、SFファンのための総合情報サイトとして立ち上げられた。映画、テレビ番組、本、漫画、それにテクノロジなど、ありとあらゆるものを扱う。

Ruddellはそれを、”SFのTechCrunchだ”と言う。本誌がそう言ったのではないよ。

ScienceFiction.comの目標は、SFとファンタジーの世界に関する上質なニュースやリビュー、インタビューなどを提供していくことだ。

Ruddellによれば、彼自身は経営面を見る。そしてパートナーの一人で、ジャーナリズムの学位を持ち20年以上ライターとして活躍している人物が編集面を見る。ほかに2人のライターが参加するそうだ。

SFファンの人は、ぜひ会員登録をしよう。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))