[jp]大みそかもアメリカのスタートアップたちは元気だな

次の記事

「この部屋にバスケットボールは何個入る?」–就職面接試験の珍問集(Apple, Googleなど)

TechCrunch Japanは12/28-1/3がお休みだが、ご本家は暮れも正月もなく毎日にぎやかなので、私(iwatani)など数名が、休日返上ボランティアでめぼしいものだけを訳出している。

本日大みそか(米国時間ではほぼ12/30)も、以下のようなユニークなスタートアップやサービスを紹介する記事があった(残念ながらどれも未訳):

●いろんな人が寄ってたかって、あなたを「たった3つの単語」で定義〜説明してくれる、10代の少年が作ったサイト。ほかの人たちの定義も見れる: Three Words

●Twitter上のツイートを、匿名で評価〜格付けできるサービス。あなたのツイートに対する評価結果も、知らせてくれる。: Who Gives A Tweet

●2009年〜2010年の何月何日には、Delicious、Digg、Hacker News、Reddit、Hulu、Yahoo Videos、YouTube、Dribbble、Flickr、Amazon、Yahoo Buzzの各サイトの上で、どのコンテンツが一番人気だったか、を教えてくれるサービス: Rrrewind

●イノベーションのアイデアを探している企業(など)に、自分のアイデアを売り込むためのサービス。起業は面倒、そのアイデアが世の中に実現すればそれでよい、という人向け: OpenInvo

●よく知らない売り手に関して、Facebook上のフレンドたちが自分の経験に基づく評価を教えてくれる、安心の(?)eコマース/オークションサイト: Addoway

●(アメリカの)司法試験に受かるための定価1000ドルのアプリケーションBarMaxのiPadバージョンが登場

—-というところで、手締めシャンシャン。みなさま、良いお年を。来年もTechCrunch Japanをどうぞよろしく。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))