ニュース
kevin rose
Foundation

Diggのファウンダー、Kevin Roseがビデオ入り有料ニュースレターFoundationをスタート

次の記事

iPad/iPhoneで人気絶大のゲーム、Angry BirdsがPS3とPSPにやって来る

読者の大半はTwitterが誕生したとき、JittterないしTwitchと名付けられるところだったこと知らないだろう。今回は発明者がその話をするのを見ることができる。

去年、Diggのファウンダー、 Kevin Rose はFforwardというビデオ・ショーを計画した。Fforwardは結局リリースされなかったが、結局そのアイディアは少し違った形で実現することになった。

今日(米国時間1/3)、RoseはFoundat.io/nという有料の月刊ニュースレターをスタートさせた。購読料は月$3.99だ。このニュースレターのセールスポイントは、製品レビューやKevinのあれこれに対する不満の訴えに加えて、ビデオ・インタビューが含まれることだ。ビデオは毎回20分から30分程度の長さで、有料購読者は最初に見ることができる。有料購読者への提供の1週間後にはRevision3で無料で公開される。

Roseはわれわれが去年紹介したTinyLetterをニュースレターのホストに利用している。RoseはDave Morinこの記事からインスピレーションを受けてFoundationを思いついたということだ。

今日公開されたFoundationの創刊号には趣旨を説明するFAQとTwitterとSquareのファウンダー、Jack Dorseyへのビデオ・インタビューが掲載されている。DorseyはTwitterという名前に落ち着くまでの経緯やTwitterの初期の日々について率直に語っている。Dorseyによると、フォロワーは最初、worshipper(信者)と名付けられそうだったとか。ビデオを下にエンベッドした〔FAQは原文参照〕。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01