groupon

グルーポン、豪クローン「Scoopon」を訴える

次の記事

現在のフォロワー数からTwitter上の自分のランクを知りたい人は, この方程式を使ってみよう

Grouponブログに、同社がオーストラリアのGrouponクローン、Scooponを訴えたことを発表する興味深い記事が載っている。記事には、Groupon.com.auというドメイン名を占拠したGrouponクローンに対して、同社が訴訟という前例のない手段に出たことが説明されている。本件は2月4日にオーストラリアの法廷で裁かれ、その間Grouponはこの国でStardealsという名称でビジネスを行う。

GrouponのCEO Andrew Masonが語る。

世界中で大量のGrouponクローンが出現していることは十分裏付けがある。その中でオーストラリアのGabby and Hezi Leibovitch兄弟が作ったScopponというクローンがわれわれの生活を脅している。彼らは単にGrouponクローンを作るという一線を越えた ― Groupon.com.auのドメイン名を買い、Groupon Pty Limitedという会社名を取得し、Grouponの商標をオーストラリアで登録しようとしている(彼らはわれわれの7日前に申請した)。

われわれはこれを、典型的な「ドメイン占拠」と考えている ― インターネット業界の悲しい現実である。Grouponの名前が国際的に知られるようになり、この機に便乗した世界中のドメイン占拠屋たちが、いずれわれわれが法外な値段で買わざるを得ないと考えて各国のGrouponドメイン名を買い漁り始めた。実際われわれは買うつもりでいた。不本意ながらGabbyとHezi兄弟に対して28万6000ドルでGroupon.com.auドメインと商標を買う提案をし、彼らはそれを受け入れた。しかし連中の気が変わり、Scoopon事業全体を買い取る意志がある場合に限り、ドメイン名と商標を売るつもりらしい。止むなくわれわれは、彼らのGroupon商標が悪意をもって申請されたことなどを理由にScooponを訴えることとなった。

Grouponは相手がオーストラリア拠点であるにも関わらず、地元イリノイ州でもLeibovich兄弟を商品侵害で訴えた。米国商標が国際的にどこまで法的意味を持つかは疑問だが、評価額$4.75B(47億5000万ドル)で$1B(10億ドル)の調達手続きを進めるGrouponには、彼らの領分を侵そうとする何千というクローンの誰とでも戦うだけの資金があることは間違いない。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)