postup
echofon

PostUp、TwitterおよびFacebookアプリケーションの開発を行うEchoFonを買収

次の記事

新年を迎えた週末、Facebookに投稿された写真の数は大記録達成となる7億5000万枚

Twitterでの検索および広告サービスを手がけるPostUp以前の名前はTweetUp)が、Twitterアプリケーションの開発を行うEchofonを買収したようだ。情報はBusinessWireの記事によるもので、詳細はまだ明らかになっていないとのこと。

Echofonは、TwitterFonという名前だった頃から人気で、現在は300万人以上が利用している。同社はiPhone用のTwitterアプリケーションやFacebookアプリケーション、Mac向けのネイティブTwitterクライアント、およびiPad用のTwitterアプリケーションなどを提供している。

Echofonの人気の秘密は、アプリケーション間で既読ツイートの判別を行えることで、利用者は未読ツイートを探して何度も同じツイートを読んでしまうというようなことを避けることができる。

PostUpにはidealabが出資しており、昨年にはリアルタイム検索向け広告マーケットプレイスを構築し、その過程でTwitterクライアントを提供するサービスをいくつか買収している。直近の例を見てみれば、Android向けのクライアントサービスや、ニュースアグリゲーションサービスを展開するpopurls買収を行った。PopUpの提供する検索アルゴリズムやマーケットプレイス機能はTechCrunch.com、Topix.com、およびBusinessinsider.comなどでも利用されている。

PostUpはEchoFonの機能拡大・拡充を行い、Android向けTwitterクライアントのTwidroydにも、同等の機能を提供していく予定だとのことだ。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)