Airbnbは2010年に800%の成長–その締めくくりは上出来の紹介ビデオ

次の記事

[jp]起業家の挑戦を待つ――スタートアップの祭典「Teclosion」を開催します!

昨年の12月に、初めてAirbnbを使った。過去2年間、TechCrunchやそのほかの場所で絶賛されていたから、興味はあったが、でも眉に唾をしていた。使ってみた結果は、世評に違わぬすばらしさだ。世界中のいろんなところ、それも、とても環境の良いところに部屋を借りられる。とても安く。それにどうやら、2010年に初めてこのサービスを利用したのは、ぼくだけではなかった。2010年に同サイトのユーザ数は、800%増加した、協同ファウンダのBrian Cheskyがそう言っている。

具体的には、2010年1月の利用が約10万泊、12月には80万泊だった。”旅行者の出身国は160か国、そして宿泊先は89か国だった。今年の春には100万泊に達するだろう“、Cheskyはそう言う。

確実にそうなるために、Airbnbは世界中の対象地域を今でも拡大中だ。Cheskyによれば、最近多い宿泊先は、ハワイ、シドニー、東京、タホ湖、そしてオースチンだ。

かつてのぼくみたいに、Airbnbの真価を知らない人のための、分かりやすいビデオも作った。Cheskyによると、ロケ地はAirbnbが実際に部屋をあっせんしている13の場所。同社のiPhoneアプリケーションみたいに、すっきりとよくできたビデオだね。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))