Foursquare、写真アップロード機能の実装後3週間で100万枚を達成

次の記事

[jp]グリーが米国に法人を設立。代表は現CFOの青柳直樹氏が就任

3週間ほど前、FoursquareがiPhoneアプリケーションのアップデートを行って、チェックインと同時に写真の登録ができるようになった。ライバルのGowallaの方は、9ヵ月前くらいに写真アップロード機能を実装し、Foursquareがアプリケーションのバージョンアップを行った時期には100万枚の写真が登録されていた。そしてFoursquareはその差を一気にカバーして数週間で100万件のマイルストンに到達したらしい。米国時間10日朝に100万件突破のツイートが流れていた。

100万件を突破したのは週末のうちらしいが、どこの誰による投稿が100万件目だったのかについては言及がない。Foursquareがかくもはやく100万件突破を果たしたのはさほど驚くべきことではないのかもしれない。というのも、Foursquareの共同創立者であるDennis Crowleyが昨年12月末に語ったところによれば、Foursquareには毎秒1件の写真がアップロードされているとのことだ。好調の原因はFoursquareが写真アップロード機能を提供するにあたってInstagram、PicPlz、およびFoodspottingなどの人気サービスと提携して行ったことも挙げられるだろう。写真アップロード機能はAndroid版アプリケーションにも実装されている。

他のサービスと比較してみると、Flickrは最近50億枚目の写真が登録されたことを発表している。これは毎分3,000枚の写真が登録されているという計算になる。

UPDATE:Foursquareに登録された100万枚目の写真はフランスはパリ在住のユーザからのものであったようだ。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)