Googleついに伝家の宝刀を抜く–ChromeのHTML5ビデオはWebMで行く, H.264は切る

次の記事

本誌ライターたちがCES 2011の個人的お気に入りを語る

オンラインビデオに関しては今、標準規格をめぐる争いがある。中でもとくに重要なのは、HTML5のビデオをどうするか、だ。今日(米国時間1/11)Googleはついに決意を固め、Chromeブラウザでは今後H.264のビデオコーデックをサポートしないと宣言した。サポートするのは、オープンソースの(そしてGoogleが提唱した) WebM(とそのVP8コーデック)と、同じくオープンソースのTheoraビデオコーデックだ。後者はFirefoxが使っている。

これは、かなり前から想定できたことだ。GoogleがWebMプロジェクトを発表したのは昨年5月で、MozillaやOperaもパートナーとして加わった(H.264を採用してFlashを切ったAppleが加わらなかったことがやけに目立つ)*。H.264のコーデックはMPEG-LAコンソーシアムが私権を持っているから、使うとしたら有料ライセンスの下(もと)で、になりかねない。このコンソーシアムは世間の圧力に妥協してH.264によるストリーミングは永久に無料であると約束しているが、それは非商用のインターネットビデオのみだ。〔*: Steve Jobsは各所でVP8やogg等の技術的弱点(主に特許がらみの)を論じているが、本当の事情やねらいはよく分からない。〕

Chromiumのブログの今日の記事でプロダクトマネージャのMike Jazayeri が、今後ChromeがH.264をサポートしない件を次のように説明している:

弊社はWebのイノベーションが今後停滞せず、むしろなお一層加速することを期待している。そのためには、弊社が投資する技術は、オープンなWebという原則に基づいて開発されライセンスされる技術でなければならない。この目標に向かって弊社は、ChromeのHTML5のサポートを変更し、コーデックをオープンなChromiumプロジェクトがすでにサポートしているものに統一する。具体的には、弊社がサポートするものはWebM(VP8)とTheoraのビデオコーデックであり、将来はそのほかの高品質でオープンなコーデックをサポートすることも検討する。H.264のビデオにおける役割は重要だが、弊社の目標がオープンなイノベーションの推進であるため、当該コーデックを外し、弊社のリソースを完全にオープンなコーデック技術に投じていく。

しかしH.264のサポートを捨てるGoogleは、Flashを捨てないことをどうやって正当化するのか? 実は、AdobeもWebMのパートナーなので、Flashが内部的にWebMの技術をサポートすることになる。さよう、この件に関してはFlashはGoogle陣営になるのだ。ということは、今戦線で相対(あいたい)しているのは実はGoogleと、(Flashと無縁な)H.264に固執するAppleだ。しかもそれは、H.264が勝者になりそうな気配が濃厚だったときからだ。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))