新発表Verizon版iPhoneの特長はWiFiテザリング

次の記事

Foursquare、写真アップロード機能の実装後3週間で100万枚を達成

やはり今日(米国時間1/11)のVerizonのイベントはiPhone 4の発表だった。新しいiPhoneだが、当然ながらVerizonの3G CDMA携帯無線網で作動するということの他にはAT&TのiPhone 4と大きく変わるところはなかった。Retinaディスプレイ、FaceTime、5Mピクセル・カメラ、HDビデオ録画、Apple A4チップ等々。ただし大きな相違点が一つだけある。Verizonがパーソナル・ホットスポットと名付けた機能だ。

Verizon iPhoneはこのパーソナル・ホットスポット機能によって、ノートパソコンや他の携帯など最大5台までのデバイスとWiFiを通じてデータを共有できる。WiFiでブロードバンド接続を共有できるVerizonの人気製品、Mifiデータカードと同様の機能だ。今回Verizon iPhoneにこの機能が加わったので、ユーザーはiPhoneを使ってノートパソコンをテザーできることになった。

AT&T版にもテザリング機能があるが、対象が1台だけで、接続にはUSBまたはBluetoothを利用する。Verizon版もBluetoothとUSB接続をサポートしているが、WiFi接続の方が簡単だし、多数のデバイスを接続できる。

AT&Tはテザリングを別料金で提供している。Verizonは現在ノートパソコンやAndroid携帯などのデバイスのテザリングに月額$20を課している。VerizonがiPhoneのパーソナル・ホットスポット機能に課金するかどうかは明らかにされなかった(データ・プランの料金そのものがまだ発表されていない)が、おそらくは有料となるものと思われる。

TechCrunchの関連記事

How Personal Hotspot Works On The Verizon iPhone (Pictures)

One More Thing: The Verizon iPhone Runs iOS 4.2.5

Bottom Line: Should You Buy The Verizon iPhone?

Hands On With the Verizon iPhone

The Verizon iPhone Product Pages And More Are Alive For Your Ogling

Verizon iPhoneはLTE版ではなかった―Appleが嫌った「妥協」とは?

It’s Official: The Verizon iPhone 4 Is Coming Early Next Month

Verizon And Apple Began Working Together To Make The CDMA iPhone In 2008

Live From The Verizon iPhone Announcement

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01