Verizon iPhoneのWiFiルータ機能「パーソナル・ホットスポット」を使ってみた(写真)

次の記事

位置+食べ物情報を共有するFoodspotting、BlueRun Venturesから$3Mを調達

VerizonのiPhone 4とAT&TのiPhone 4の間の実質的な差は(ネットワークが違うのは当然だが)ほとんどない。唯一の大きな例外がパーソナル・ホットスポットだ。Verizon iPhoneは5台までのデバイスを接続する無線インターネットのハブとなることができる。

現在のところ料金設定については不明だ。プレス・カンファレンスで繰り返し質問されたがAppleもVerizonも口を滑らせなかったが、別料金となる可能性は十分ある。われわれは今日のプレス・カンファレンスの後、別室のデモルームでWiFiテザリング機能を実際に試してみることができた。いかにもAppleらしく、設定も利用もスーパー・シンプルだった。

今回発表された新しいiOS 4.2.5では、上の写真で見られるとおり、設定画面にパーソナル・ホットスポットのセクションが加えられている。これをクリックすると、下のような画面が表示される。ここでWiFi機能を有効にしたりパスワードを設定したりできる。

またWi-Fiを使う必要がない場合はBluetoothあるいはUSBによる接続を選択することもできる。言うまでもなく、これらの接続は1対1となる。この部分は現行iOSのテザリング機能をバージョンアップする形となる。私が話したAppleの担当者もそう考えてよいと確認した。

ボタンをクリックしてWi-Fi機能をオンにすると、下のような画面に変わり、Wi-Fiを利用することの確認を求められる(おそらくバッテリーの消費が多くなるためだろう)。

確認して機能をオンにすればそれで終わりだ。設定画面のネットワークのセクションを開くとパーソナル・ホットスポットがオンになっているのが分かる。ユーザーは接続したコンピュータのネットワーク接続設定を開き接続先として“iPhone”を選択するだけでよい。

AppleはWiFiテザリング機能が将来AT&TのiPhoneにも導入されるかどうかについて明らかにすることを避けた。

TechCrunchの関連記事

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01