ニュース
MarketsandMarkets

調査報告:モバイルアプリ市場は2015年に250億ドル規模へ―Appleのシェアは20%

次の記事

個人化ニュースサイトWaviiに投資志願者が殺到, 立ち上げ前なのに行列ができる

世界中でモバイルアプリ市場が急成長していることは誰でも知っている。専門調査会社の MarketsandMarkets はこのほどそれを裏付けるレポートを発表した。そのWorld Mobile Applications Market (2010 – 2015)レポートによると、世界でのモバイルアプリ市場の規模は2015年には$25B(250億ドル)に拡大するという(2010年には$6.8B(68億ドル)。

MarketsandMarketsの予測では、世界市場は2009年から2014年までの間にCAGR(年平均成長率)にして29.6%の成長を遂げ、そのうち、AppleのApp Storeは約20.5%のシェアを占めるという。

同社は、この成長の予測の根拠として、ネットワーク技術の進歩によるモバイル・データ通信コストの低減、世界中でのスマートフォンの普及、アプリの使いやすさの向上などの要素を挙げている。

MarketsandMarketsは、スマートフォンその他アプリを作動させることができる携帯電話の普及に伴う負の面の最大のものは、フィッシングやスパイウェアなどの不正手段によるデータの盗用だと予測している。

レポートによると、2009年に北アメリカは売上の41.6%のシェアを占めて最大の市場となっている。ただし、ダウンロード数では36%を占めるアジアがトップだ。

ヨーロッパのモバイルアプリ市場は2009年には$1.2B(12億ドル)だったが、2010年から 2015年までの間に年間平均成長率33.6%で拡大を続け、2015年には$8.4B(84億ドル)と世界最大の市場になると予測されている。

レポートではモバイルアプリ市場をon-deck(キャリヤが販売)とoff-deck(デベロッパーが直接販売)に分けて考察している。MarketsandMarketによれば市場規模はon-deckの方が大きく、世界で売上の75%を占めるものと予測している。

しかし、off-deckモバイルアプリ市場の成長は、参入のハードルが低く、独立系のアプリストアを作ることも容易になっているため、いっそう急速なものなるだろうとしている。MarketsandMarketによれば2015年には、off-deckモバイルアプリのダウンロード数はon-deckアプリのダウンロード数を追い越すと予測している。

以下のTechCrunch記事も参考になる。

Report: In-Game Purchases To Blow Mobile Games Revenues Past $11 Billion By 2015

So Much For FREE!: Apple Will Sell $2B in Apps in 2011

(Image via Flickr user dougbelshaw)

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01