Google Voiceで既存番号の移行が可能になった(ただし料金20ドル)

次の記事

YouTubeがホームページを一新, 山盛りの個人対応機能で5時間滞在を目指す

本誌のスタッフたちがGoogle Voiceの熱心なファンになってから、もうかなりになる。おかげで、かかってくる電話の選り分けと、複数の電話の管理が、とても簡単になった。でもしかし、なかなか抜けない大きなとげもあった。つまり、自分のこれまでの電話番号をGoogle Voiceに移せないのだ。Google Voiceを利用するためには、新しい電話番号をもらわなければならない。そして今回、長年ユーザを待たせたGoogleが、やっと既存番号のGoogle Voiceへの移行を可能にした。

この機能に最初に気づいたのはEngadgetだが、たしかにぼくのアカウントでもそれができる。やり方は簡単だが、ちょっとびびる面もある。Googleに今の自分の携帯電話の番号を教える、厳しい警告に同意する、20ドル払う、…それだけだ。

〔関連記事: 今のAT&Tの番号を残したままやっと憎むべきAT&Tとおさらばできた本誌ライターMG Siegler(未訳)。〕
〔関連記事(2): 自分の今のモバイルの番号をGoogle Voiceの番号にしたときモバイルの番号を変える際の苦労(WIRED誌より)。〕

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))