Kindle DTPがKindle Direct Publishing(直接出版)と改名, 70%ロイヤリティをカナダにも適用

次の記事

2分間なにもしないためのサイト

AmazonのKindle Digital Text Platform(DTP)は、もう存在しない。少なくとも、その名前のものは存在しない。今日(米国時間1/21)から、このセルフ出版事業(self-publishing program)は、Kindle Direct Publishing(Kindle直接出版)と呼ばれる。

Kindle Direct Publishingにより、誰もが勝手にKindle Store上に本を出版できる。しかも無料で。

2010年の6月以降、著作家たちは、70%のロイヤリティ制度に参加して、自分の本をKindle専用機やKindleアプリケーション(iPad、iPhone、iPod touch、PC、Mac、Blackberry、Android)から売ることができる。

今日のAmazonの発表では、この、セルフ出版のロイヤリティ70%という制度を、カナダのユーザにも適用する。それまでは、合衆国と連合王国(イギリス)のみが対象だった。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))