モバイルアプリ開発をクラウドから支援するappMobiが$6Mを調達

次の記事

特許リスクのアドバイザーRPXが立ち上げからわずか2年でIPOへ

モバイルアプリケーションの開発をクラウドからサポートするappMobiが、全員エンジェルによる$6M(600万ドル)という、感動的な額のシリーズB資金調達を完了した。これにより同社は、モバイルエコシステムの住人であるデベロッパたちに、より充実したサポートツール群から成るプラットホームを提供していく。

資金は主に技術者の増員と、同社のモバイルテクノロジスイートのマーケティング/販促に使われる。現在同社のXDKを利用しているデベロッパは8000社/人で、その中にはRobitussinやFox News Radioも含まれる。この開発キットを利用すると、クラウドベースの開発テクノロジにより、iOSやAndroid向けの自社ブランドのアプリケーションを、効率的に開発できる。

appMobiの前身はFlycastで、ここはiPhone向けのストリーミングビデオによるエンタテイメントを初めて提供した企業の一つである。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))