Gmailにブラウザベースのデスクトップ通知機能

次の記事

これはスマート:Googleが元素の周期表スタイルのAPI一覧を提供

Gmailのヘビーユーザーならおそらくブラウザ・エクステンションなり、MailplaneやGrowlのような独立のGmailアプリなり、何らかのデスクトップ通知機能をインストールしているだろう。しかし最近発表されたブラウザの未読メール数表示タブ機能に続いてGoogleはGmailに一切ダウンロードを必要としない、ビルトインのデスクトップ通知機能を追加した。

先ほど、Gmaiにこの機能をオンにすることを勧める小さなバナーに気付いた。この機能はメール、チャットの受信時に作動する。なおユーザーはすべての新たな受信メールについて通知を有効にすることもできるし、優先トレイに分類されるメールが着信した場合だけに限定することもできる。

Googleはこの機能を順次ユーザーに展開していくつもりらしく、公式ブログにはまだ何も発表がない。しかし私が登録している2つのアカウントでは両方とも表示されている。〔訳者のアカウントでも日本語で「Gmailのデスクトップ通知を有効にするにはここをクリックしてください。」と表示されている)。

現在はヘルプのページも空白のままだ(バナーにはこのページへのリンクが表示されているのだが)。というわけで詳細についての情報はまだ乏しい。この機能はおそらくHTML5のブラウザ通知機能を利用しているはずであり、今のところChromeでしか作動しないようだ。私がSafariで試してみたところ、次のようなメッセージが出た。

試してみたところではまずまず正常に作動するようだが、当面私はGrowlを使い続けるつもりだ。というもの、いろいろと欠点があるからで、まずこのポップアップは「最短表示時間」が決められていないらしく、友達から続けてIMメッセージが着信すると、最初のメッセージが表示されるかされないうちにすぐ次のメッセージが上書き表示されてしまう。さらに不都合なことに、通知の表示がタイムアウトする時間も定められていないようで、IMメッセージが表示されると、その後1分以上、ずっと画面の隅に表示が続いた。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01