ニュース

マイクロソフト、第2四半期収益は5%増の$19.95B

次の記事

Instagram、ハッシュタグで写真をグループ化―企業続々飛びつく

先ほどMicrosoftが収支報告を行い、5期連続の好決算を記録し、第2四半期の収益は$19.95B(199億5000万ドル)で前年同期を5%上回った。希薄化後1株当たり収益は$0.77。同社は、$19.14B、$0.68というウォール街アナリストの予測を出し抜いた。同四半期の営業利益および純利益は$8.17B(81億7000万ドル)と$6.63B(66億3000万ドル)で、それぞれ前年同期と比べて4%および0.4%減少した。

四半期のハイライト:

  • Windows部門の収益は29.7%減の$5B(50億ドル)。営業利益も約$2B(20億ドル)減小。
  • 全世界のパソコン(3億台)の20%以上でWindows 7が動いている。
  • Microsoftのビジネス部門(主要製品はOffice)の収益は24%増の$6B(60億ドル)、営業利益は非常に好調な$3.97B(39億7000万ドル)
  • オンライン部門の収益は19%増の$691M(6億9100万ドル)だったが、損失が$543M(5億4300万ドル)へと増加した。
  • オンライン広告収益は23%増。
  • Xbox Kinnectは60日間で800万台が販売され、エンターテイメント部門の収益55%増の$3.7B(37億ドル)に貢献した。

以下にMicrosoftの収益および営業利益を部門ごとに分解した表を示す(報告書全文はここにある):

MICROSOFT CORPORATION

部門別収益および営業損益
(単位:100万ドル)(未監査)

12月末までの3ヵ月間 12月末までの6ヵ月間
2010 2009 2010 2009
収益
WindowsおよひWindows Live部門 $5,054 $7,193 $9,839 $10,063
サーバーおよびツール 4,390 3,978 8,349 7,523
Online Services Division 691 579 1,218 1,067
Microsoftビジネス部門 6,032 4,864 11,157 9,360
エンターテイメントおよびデバイス部門 3,698 2,381 5,493 3,815
その他 88 27 92 114
合計 $19,953 $19,022 $36,148 $31,942
営業損益
WindowsおよびWindows Live部門 $3,251 $5,417 $6,573 $6,894
サーバーおよびツール 1,776 1,464 3,415 2,709
オンラインサービス部門 (543) (463) (1,103) (940)
Microsoftビジネス部門 3,965 2,947 7,340 5,744
エンターテイメントおよびデバイス部門 679 365 1,067 640
企業レベル活動 (963) (1,217) (2,011) (2,052)
合計 $8,165 $8,513 $15,281 $12,995


[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)