Y Combinator出身スタートアップ各社に15万ドルの投資オファー

次の記事

[jp]シード投資のサムライインキュベートが2号ファンドを設立「すでに10社の投資が決まっている」

昨晩(米国時間1/28)遅く、Y Combinatorの最新クラスのスタートアップ43社に対して、ちょっとしたサプライズがあった。Digital Sky TechnologiesのYuri Milner個人とSV Angelが設立した新しいファンド、Start Fundから、各社に対してそれぞれ15万ドルを、転換ローン(no cap、 no discount)として融資するオファーがなされたのだ。

これらの会社のほとんどは未だにステルスモードで、Start Fundは彼らと会ったこともない。つまりY Combinatorのお墨付きを信じたオファーということだ。

スタートアップ各社にとって決断の時だ。43社中36社が、昨晩のイベント終了時までに融資を受ける書類に署名したと、SV Angelのマネージング・パートナーでStart Fundを担当するDavid Leeが語った。「今日の午後3時までに、39通の署名を受け取っており、残りも弁護士の確認を待っているところだと思う。

またLeeは、これはプレゼントではなく投資であると言う。「これはプレゼントではない。われわれは慈善団体ではない。これは、製品やサービスを作るために必須な最初の15万ドルをスタートアップに与えるための投資である。この投資で利益を得るつもりだ。」とLeeは語った。

さらに、「これは、われわれにとって世界最高水準の若い起業家に投資する機会である」と付け加えた。

資金は数日中に各スタートアップに送金されると、Leeは言っている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)