Apple、水没iPodに関する修理規約を改訂

次の記事

宣戦布告:Google、iPad(The Daily)イベントにぶつけてHoneycombイベントを開催

Appleが、水濡れセンサー(LCI: Liquid Contact Indicator)に関する修理ポリシーを秘かに変更していた。昨年のこの件に関連した訴訟を思い出す人もいるかもしれない。おそらく、それと何らかの関係があると思われる。

[画像の囲み部分]
・もし水濡れセンサーの反応したiPodが、水濡れによって損傷したものであるかどうかについて顧客が異議を唱え、かつ外観に腐食による損傷を示す兆候が見られない場合、そのiPodを保証サービスの対象とする。

このセンサーは、顧客が故障品を持ち込んだ際に、不正な行為があったかどうかをAppleの技術者が判別するために用いられる。これがなければ、水没による損傷であることの証明が困難になり、無料交換に応じるしかなくなる。このセンサーのためにAppleの対応は非常に厳格となり、しばしば誠実な顧客の交換要求が拒否されてきた。湿度のためにセンサーが反応する場合もあることが知られている。

新しい修理に関する回覧に、AppleがiPodの水濡れセンサーに関するポリシーを変更したことが示されている。新ポリシーによると、センサーが反応したことに顧客か異議を唱えた場合、Appleは外観の損傷を確認する。損傷が見られない場合は保証を有効とする。現状これはiPodについてのみだが、iPhoneやiPadに適用されない理由は見当たらない。

[via AppleInsider

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)