AT&T、最後の花火:「このメールを読みながら電話をかけてください」

次の記事

[jp]イベント「Teclosion 2011 Spring」のオーディエンス申し込みをスタートしました!

みなさん、AT&Tを褒めてあげるべきだ。数日後にVerizon iPhoneが発売された時、大量失血で倒れないよう、本当にがんばっている。今日(米国時間2/1)AT&Tは、現行ユーザーに向けてこんなタイトルのメールを送った。「このメールを読みながら電話をかけてください」。

非常に賢い。これはもちろん、AT&Tがデータ通信と音声通話の同時使用をサポートしているのに対して、Verizon iPhoneではそれができない(現在のCDMAの制約による)という事実を見せつけている。

メール本文には、Bluetoothヘッドセットの付いたiPhoneを持った女性が写っている。彼女がウェブを見ながら話しているのがよくわかる。吹き出しには「今、ネットで映画のチケットを買っているところ。3時の回でいい?」。その下にはこう書かれている。「iPhoneでネットサーフィンしながら電話ができるのはAT&Tネットワークだけ」。

さらにその下にジャブがもう一発。「国内最速のモバイルブロードバンドネットワークで」

何よりすばらしいことに、AT&Tはこのメールに、AT&Tストアでモバイルアクセサリーをとれでも25%引きで買えるクーポンまで付けている。愛してもらえない時は、愛を買おう。

Verizon iPhoneは木曜日(2/3)に現在のVerizonユーザーのみに向けて発売される。1週間後には一般向けにも販売が始まる ― 即ち、数百万人のAT&Tユーザーに対しても。それまでの間、ほかにもこの手の広告キャンペーンが来るだろうと思う。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)