Androidでアプリ内課金が可能に―ディズニーがTap Tap Revengeをデモ

次の記事

Google、 Android Marketウェブストアをオープン!〔日本語版も〕

マウンテンビューのGoogle本社で今日(米国時間2/2)開催されたHoneycombのお披露目イベントでは多くの重要な発表があった。最初にHoneycombの新機能がデモされた。続いてAndroid Marketのウェブストアがオープンしたことが発表された。そして最後に多くの関係者が長らく待ち望んでいた発表があった―アプリ内課金機能だ。

Androidの技術ディレクター、Chris Yergaは「デベロッパーはわれわれのアプリ内課金SDKを利用すればバーチャルグッズなどをアプリ内で販売することが可能になる」と述べた。

最初にこの機能を利用するデベロッパーの一つはDisneyMobileだった。Googleは大ヒットしているカジュアルゲームをアプリ内課金機能のローンチの目玉にするためにDisneyの協力を得ることに成功した。そう、5000万ダウンロードを記録したTap Tap RevengがついにAndroidに登場する。

Disney MobileのBart Decremが登壇し、Tap Tap Revengeその他いくつかのアプリをデモし、また実際にアプリ内課金を作動させてみせた。Decremによれば、2500万曲がTap Tap Revenge内で(iOSプラットフォームのアプリ内課金機能によって)販売されたという。Decremによれば、Androidのアプリ内課金SDKを渡されたのはわずか5日前だったという。それからすると実装は非常に簡単らしい。

一般ユーザーに対してこの機能が公開されるのは春になる。Googleはデベロッパーに対してこのSDKの提供をすでにスタート させている。Yergaは「3月末までにはアプリ内課金を一般公開する」と約束した。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01