Google、 Android Marketウェブストアをオープン!〔日本語版も〕

次の記事

The Daily―ルパート・マードック、「新しい時代には新しいジャーナリズムが必要」

今日(米国時間2/2)、Googleはマウンテンビューの本社でAndroidの最新OS、Honeycomのお披露目イベントを開催した。OSのデモの後、Androidの技術ディレクター、Chris Yergaは、別のビッグニュースを発表した。Android Marketのウェブストアだ。そう、Android Marketがとうとうウェブにやって来た。すでにこちらで〔日本語版〕稼働中だ。

これまでAndroidアプリの検索とインストールはAndroid携帯上のMarketから行うしかなかった。Yergaは「ユーザーはブラウザだけでアプリが入手できるようになった。しかもiTunesのネーティブ・アプリの場合よりずっとシームレスに行える。アプリを選択すると、ユーザーのAndroid携帯に自動的にダウンロードされる。同期元となるコンピュータも、接続ケーブルも必要ない。 そういうバカげた手間は一切かからない。すべて自動的に処理される」と述べた。

新しいウェブストアにはソーシャルな要素も備えられている。ユーザーはMarket内のアプリのリンクを友達にメールすることができる。またそのリンクは簡単にTwitterで共有できる。

ウェブ版のAndroid Marketでは、アプリの検索方法が強化され、デバイスとアプリを管理するマネージャーも用意されている。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01