同一メールアカウント上で完全なエイリアス(別アド)をいくつでも使えるHotmail

次の記事

ネット上の長すぎる記事にお困りの方, Topicmarksが要約を作ってくれる

複数のメールアドレスを使い分けたいが、インボックス(受信トレイ)は同じにしたい(複数のアカウントや転送オプションは面倒)、というニーズはありますか? あなたがここ数年、その存在すら忘れていたかもしれないメールサービスHotmailに、今度からそういうエイリアス機能ができて、まさに、一つのメールアカウント上で複数のアドレスを使えるのだ。たとえばぼくなら、Hotmailの同じ一つのインボックスに、jasonkincaid@hotmail.com宛てとJediMasterJ@hotmail.com宛てのメールが集まるようにできる†。すばらしいね。†: もちろんこれは、本物のメアドではないけど。

エイリアスは、Web上のメールサービスに前からある。Gmailの上級ユーザは、古くからある’+’のトリックを知っているだろう。元のメールアドレスがjason@gmail.comなら、プラス記号を使っていろんなエイリアスを作り、すべてのメールが同じ場所に集まるようにできる。たとえばjason+receipts@gmail.com、jason+deals@gmail.comなどなどを目的別に使い分けて、あとで来信を分類整理できるし、来たらすぐ消すこともできる。エイリアスとして完全ではないが、一応使える。

Hotmailにも、同じ‘+’の機能が前からあった。でも今度のエイリアスは、もっと本格的だ。Gmailのやり方では、+以降を簡単に無視できる。あまり関心のないサイトでjason+spam@gmail.comを自分のメールアドレスとして入力しても、相手が’+spam’のないアドレスでメールを送るのは簡単だ。

今度のHotmailのエイリアスなら、まったく違うアドレスを作れる。しかも、エイリアスに来たメールに返信を書くと、差出人アドレスが自動的にそのエイリアスになるという、Hotmailのお利口さん。またもちろん、送信メールのアドレスを別のアドレスにしたければ、それもできる。

Gmailで、複数のアカウントを持って‘Send As’を使えば、ほぼ同じことができるが、Hotmailのほうがずっと簡便だ。今のHotmailのチームは、頭がいいね。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))