このすてきなデザインの点字腕時計を製品化するために援助しよう

次の記事

iPadはオンラインでコンテンツを読む時間を右シフトしている

David Chavezには夢がある。彼はこの、表面の回転するドットで数字を表すとてもかっこいいデザインの点字腕時計を作りたいのだ。視覚障害者でない人でも、このHapticaと名付けられた腕時計を見て、その巧妙なデザインと実用性に心惹かれるだろう。

このプロジェクトは今、Kickstarterに出ているので、ちょっと立ち寄って予約値注文してもいい。視覚障害者用の腕時計は、1900年代の初めごろから今日まで、ほとんど変わっていない…たとえばこのSeikoの点字時計…から、これは大きな前進ではないだろうか。

この腕時計の予定価格は250ドルあまりで、Davidは今資金不足のようだから、予約購入すると彼が助かる。彼がこの製品にとくに固執するのは、暗闇の中でも使えるからだ。そう、きみがグルーに食べられてしまう前に、時間が分かるのさ。

〔訳注: 原文のコメントに「視覚障害者用にはすでに安い音声腕時計が出回っているから、この点字腕時計はむしろ、ファッションアイテムとして一般の人たちの人気になりそう」とある。〕

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))