Facebookページ(旧ファンページ)がリニューアル、機能が拡張されて通常ユーザーに近づく

次の記事

AOLのHuffington Post買収を皮肉るビデオ: "彼らにとって未来とは1996年のこと"

昨年12月にFacebookはユーザープロフィールのUIの大幅なアップデートを実施した。その結果、現在のプロフィールにはトップにユーザーの基本情報と何枚かの写真が表示され、家族や親友の動向がフィーチャーされるなど数多くのデザインの変更が行われた。今回、FacebookはFacebook Pages〔日本語版ではFacebookページ(旧Facebookファンページ)〕について似たようなデザインの変更を実施した。Facebookページは企業や著名人を始め多くのユーザーに利用されており、何千どころか何百万ものファンを持つページも少なくない。

新しいFacebookページは12月の個人プロフィールのリニューアルの要素をいくつも取り入れている。ページのトップに写真を表示することができるようになり、アプリのタブはページのトップからサイドバーに移されて、プロフィール写真の下に位置するようになった。面白いのはFacebookページとユーザーが同時に「いいね!」している相手を表示できるウィジェットが右サイドバー上部に設置されたことだ。これによっていろいろと興味深い情報が得られる。

今回のアップデートでFacebookはページの管理者にいろいろな面で通常のユーザーと同様の権限を与えた。ページの管理者はあたかも自分が通常のユーザーであるかのようにFacebookをブラウズすることができる(別に複雑なことではない。やってみれば意味が分かる)。たとえば私は「TechCrunchページ」の管理者としてChipotle〔メキシコ料理のチェーン店〕のページを訪れ、「ブリトーうまかったよ」などとコメントを残すことができる。つまり、その際のコメントの署名はJason Kincaidではなく、TechCrunchになるわけだ。

さらに、あるページが別のページを「いいね!」することができる。たとえば、私はTechCrunchページとして〔歌手の〕Enyaの公式ページを訪問し「いいね!」ボタンを押すことができる。GoogleやAppleのページに対しても同様だ。すると以後TechCrunchページのニュースフィードに(そう、これも重要な改良点だが、今回、Facebookページにもニュースフィード機能が設けられた)「いいね!」ボタンを押したページのアップデートが自動的に表示されるようになる。

ユーザーがページの管理者としてログインしていると、ページへの訪問者のコメントや何人が「いいね!」ボタンを押したかなどの情報が通知ウィンドウ(今まで友達リクエストが表示されていた場所)に刻々と表示される。また訪問者がFacebookページ上でどのような活動をしたかのハイライトの通知をメールで受け取ることもできる。

もうひとつ興味深い変更がある。これまでFacebookはページへのコメントを整理する機能をまったく提供してこなかった。コメントは投稿された時間順に(いちばん新しい投稿がトップで)表示されるだけなので、ユーザーは意味のあるメッセージとノイズをより分けるのに苦労させられている。訪問者数の多いページではコメント欄は事実上機能しなくなっている。今回Facebookはニュースフィードに似たアルゴリズムでハイライトを作成するようにした。たとえば投稿者が訪問者の友達であれば、そのコメントがトップに表示される。コメントに対する反応や、コメントが書かれた言語が訪問者が理解できる言語であるかどうかなどもアルゴリズムによる評価の対象になる。

ページの管理者は向こう4週間、新デザインをプライベートにプレビューできる(そう望めば即座にアップデート可能。ただし3月10日をもって全ページが強制的に新デザインにアップデートされる予定)。それからFacebook Placeを通常のページに統合することも可能だ。こうすると自動的に新デザイン(新機能)にアップデートされ、Placeタブが追加される(この最後の部分には少々戸惑わせられる)。

今回のアップデートにはいくつかかなり根本的な変化が含まれている。特にページの機能が拡張され、通常のユーザー同様、他のユーザーやページと直接会話できるようになったことは重要である。今後、著名人や著名ブランドが相互にどういう関係を結び、どんな会話が交わされていくのか大いに楽しみだ。

なお、今回紹介した新機能のいくつかは12月のアップデートの際に(Facebook側のミスで)短時間だが公開されたことがある。

〔日本語Facebookページとしては、海外オークション・サービス「セカイモン」(sekaimon)が新デザインに移行ずみ〕

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01