MyLikesBox
Facebook Pages

MyLikesBoxは「いいね!」したページが一覧できるアプリ―Facebookの標準機能にしてもらいたい

次の記事

[jp]EC事業者向けの価格比較のツールをオークファンが準備中

FacebookのLike(「いいね!」)は、もともとは「ファンになる」と表現されていた。Facebookがこれを「いいね!」に変え、「ファンページ」を単に「ページ」に変更して以降、その意義ははるかに広くなり、同時にあいまいさも増した。いちばん困るのは自分がどのページで「いいね!」ボタンを押したか簡単に表示する方法がないことだ。いちいち「プロフィール→基本データ→アクティビティー→その他」を開かねばならない。しかも表示はテキストが羅列されるだけで、ビジュアルに一覧することができない。

一言でいえば、分かりにく過ぎだ。

多くのFacebookページ(旧ファンページ)がボタンを押さないと見られないコンテンツを用意するなどして「いいね!」ボタンを押させようと努めているからには、ユーザー側にも自分がどのページを「いいね!」したか簡単に確認できるような手段が与えられてしかるべきだ。特にFacebookが新たに始めたユーザーの投稿をその友達に対する広告として直接利用するSponsored Storyはユーザーの「いいね!」から情報を集めてくるのだから、なおさら「いいね!」履歴は重要になる。

まだまだ出来栄えは荒っぽいが、MyLikesBoxというFacebookアプリはユーザーが「いいね!」したページのタイトルと「いいね!」の数をロゴと共に表示する。また各種のカテゴリー別にソートすることもできる。またこのアプリ内から「いいね!」を取り消すこともできる。(原注:FacebookはOpen Graphタグを利用したウェブページをFacebookページと同等に扱うので、それらのページも表示される)。

「いいね!」ボタンの企業のブランド広告への利用が急速に進んでいるのに、Facebook自身がこうした機能をなぜ今まで提供していないのか理解できない。MyLikesBoxが機能を拡張してくれることを期待する。つまり、現在のようにFacebookページの履歴だけでなく、記事、近況、人物などあらゆる種類の「いいね!」の履歴が表示されるようになるとありがたい。しかしともかくページだけでも簡単に確認できるようになったのはよいことだ。

現に、さっき私はMyLikesBoxを眺めていて、そのつもりもないのに何かの拍子でうっかり押してしまったページをいくつか発見して「いいね!」を取消したところだ。

アプリはベータ版だが、こちらインストールできる。

Update: このアプリは私の環境では正常に動作したが(「いいね!」の数はそれほど多くない)、正確に表示されない読者もあったようだ。 MyLikesBoxを利用せずに「いいね!」を管理したい場合は上記のとおり、「プロフィール→基本データ→アクティビティー→その他」を開いて、手動で個々に削除すればよい。

〔訳者の環境(Facebookページの数は70前後)では正常に動作した。〕.

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01