Xoom
MWC 2011
G-Slate

MWC 2011カンファレンスに新型タブレット続々登場

次の記事

3ヵ月で100万ユーザー達成のInstagram、わずか6週間で200万ユーザーに


われわれはスペインのバルセロナで開催中のMobile World Congress 2011カンファレンスの取材に来ている。赤ワインを飲み、パタタス・ブラバス(スペイン風揚ポテト)をつまむ合間になんとか仕事をこなしている。

今年はタブレット・デバイスが大挙登場だ。手を触れることができた3機種(Optimus Pad/T-Mobile G-Slate、Xoom、Galaxy S 10.1)についてとりあえずの感想を。

Optimus Pad/T-Mobile G-Slate

そう、この2機種は同じ製品だ。当初、T-MobileからG-Slateとして発表されたが、LGのOEMであることがすぐに判明した。LGは自社ブランドで近く販売を開始する。G-Slateの方にはモバイル・メディア企業との提携があるといったコンテンツ面での違いを除けば、ハード、ソフトともまったく同一だ。LGのブースでちょっと触ってみることができた。

ご覧のとおり、というか―ご覧になれないとおり、というべきだろうが―内蔵カメラで3D写真がうまく撮影できる。デバイス本体は非常に薄くて軽い。 もちろん写真で分かるとおりiPadよりかなり小さい。この小さいデバイスに3Dカメラというのは若干荷が重いような気もする。後でビデオが撮影できるチャンスがあったときにパフォーマンスをもう少し詳しくチェックしてみたい。

さらに写真…

Xoom

Xoom〔ズーム〕についてはAndroid Honeycombの発表会の記事ですでに紹介しているが、Motorolaが大いに力をいれているAndroidタブレットだ。今回Motorolaのブースで手に取り、何枚か写真を撮ることもできた。触ってみると、しっかりした手応えがあるわりに大きすぎず、なかなか心地よい。OSもキビキビ動く。同じ会場に並ぶライバルと比べるてスペック的には優位性がある。写真はおしゃれなワイヤレスプレ・キーボード。

このキーボードは多少AppleのBluetoothキーボードを思わせる。ただしこちらは黒なので迫力がある。Xoomのドックはややはめ込みにくいが、いったんはめ込んでしまえばしっかり安定しておりタイプしやすい。

なかなかよくできたデバイスとは思うが、人間工学的にはライバルのGalaxy Tab 10.1に一日の長があるかもしれない。これらの機種はすべて1台ずつ入手してじっくりテストしてみようと思う。

さらに写真…

Galaxy Tab 10.1

われわれがMWCにやってきた目的の一つがGalaxy S 10.1をいち早く手に取ることだった。第一印象は良好だ。大きめのスクリーンは他種類のアスペクト比に対応するのによい。本体もしっかりしたサイズで、立体的に造形された裏側のカバーはホールド感がすばらしい。今日手にした多数のタブレットの中で、今のところ、私のお気に入りはこれだ。

Android 3を作動させる上でこのデバイスがライバルに比べて優れているかどうかはまだ判断できないが、手にした限りでは作動はスムーズでタッチスクリーンの反応も良好だ。1280×800のディスプレイ(タブレットの新しい標準解像度)はシャープだ(もちおrん同解像度のもっと小さいスクリーンはもっとシャープに見えるが)。iPadより縦が2.5センチ程度大きくなっただけだが、それでも広々した感じを受ける。

重量についてはあまり軽いという感じはしなかった。しかし人ごみの中で短時間触っただけなので、ゆっくりと手に取ったときにどうかは判断できない。 裏側には手触りのよいコーティングがあり、指がかかるエッジが付けられているのでiPadよりずっと持ちやすい。片手で楽に扱えると思われる。

いずれのデバイスについてもこの後ビデオをアップする予定だ。

[Video]
さらに写真…

〔ジャンプ先のテキストもこの記事でまとめて翻訳してある〕

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01