ニュース
Semantic
ニュース / 報道(用語)
flipboard
Eqentia

Eqentia:リアルタイムニュース収集の新しい試み

次の記事

MWC 2011カンファレンスに新型タブレット続々登場

最近は、リアルタイムニュースで何を読むべきかは、TwitterかFacebookを通じて友達から教えてもらう、というのが流行だ。人々は編集者の代わりにそうしたソーシャルストリームを使ってニュースを選別する。そして、山ほどのアプリが(Flipboard等)、より魅力的な形でソーシャルニュースフィードを見せることで、この分野への参入を窺っている。しかし、トロントのスタートアップ、Eqentiaは、別のアプローチから問題に取り組んでいる。ブログやニュースサイトから毎日10万件の記事を集め、意味解析エンジンを使ってあらゆるテーマに分類する。その後初めて、各記事がどれだけソーシャルに注目を集めているかを判定する。ソーシャルを、最初ではなく最後に持ってきている。

その結果得られるのは、フォローすべき記事が、トピック、サプトピック毎(ビジネス、テクノロジー、iPadニュースモバイルウェブクラウドコンピューティング等)に分けられた、パーソナルなニュースページだ。見出しは、時間、ソーシャル注目度、ソース別のいずれかで並び替えられる。Eqentiaでは、ユーザーが高機能ダッシュボードを使って、個別のトピックに関するニュースに特化したアラートページを作ることができる。そこからもっと広いトピックに移ることもできる。各トピックページでは、サイドバーのウィジェットにそのトピックに関するツイートが表示される。Eqentiaが自動的に行っている記事のカテゴリー分けとコンテンツの解析によって、ニュース検索も非常に強力である。

Eqentiaは登場してからすでに数年たっているが、最近デザインを改訂し、Twitterのお気に入りやGoogle Readerの共有アイテムと同期できるパーソナルニュースストリームなど、いくつか新機能を追加した。ユーザーがTwitterでお気に入りを付けたツイートは、Google Readerでスターを付けたり共有したりした記事と共に、パーソナルストリームに表示される。Eqentiaが提供するブラウザー用ブックマークレットを使えば、ブラウザー上でハイライトするだけで、トピックに関するニュースを追跡できる。パーソナルストリームを公開すれば、他のユーザーがフォローすることができ、ニュースのソーシャル収集サービスへの道を開く。

ユーザーインターフェースが不満なら、トピックストリームの一部を、Flipboardなど他のニュースリーダーに送り込むこともできる。サイトはもっと簡単に使い始められるように、多少デザインを整理する必要があると思うが、縁の下には強力なテクノロジーが潜んでいる。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)