Google、Chromeのバックグラウンド・アプリの詳細を公開―iPhone/iPadのようなプッシュ通知も可能に

次の記事

Joystickers:iPhone上で(一時的に)物理的なボタンを実装するゲーム愛好家向けツール

GoogleはこのところChromiumブログで近くChromeに追加される予定のクール新機能の紹介に務めている。今日の記事はその中でも最大のトピック、バックグラウンド・アプリについてだった。

実はこの機能はすでにChrome/Chromiumのいくつかのビルドで実装されていたのだが、なぜかGoogleはこれまでそのことについてあまり触れようとしなかった。そのため、実際にどれくらい有用なものかはっきりしなかった。しかし今日の発表で、大いにはっきりした。これは非常に有用そうだ!簡単にいえば、Chromeベースのウェブアプリが起動後、ユーザーに対して表示されない状態で作動させることができるようになる。

ではなぜ「見えないようにして作動させる」ことが重要なのか? 理由はいくつかある。まず第一に、これによってブラウザはチャット要求や新メッセージの着信などがあったときにユーザーにリアルタイムで通知を送ることができるようになる。第二に、ブラウザはユーザーが必要としそうなページを事前にレンダリングしておき、ユーザーがそのページに移動すると同時に即座に表示することが可能になる。

当然ながらこうしたバックグラウンド・アプリを作動させればそれなりにメモリを食う。しかし巧妙なプログラミング技術によってメモリ消費は最小限に抑えられているということだ。

一言でいえば、ウェブアプリでAppleのiPhoneやiPadで利用されているプッシュ通知ができるようになる。もちろん実現の仕組みは異なる。Appleの場合は自身のサーバからユーザーのデバイスにピンを送っているので、専用のアプリは全く必要としない。しかし結果は同じだ。ユーザーはアプリが起動されていることに気づかないままで通知を受け取ることができる。

もちろんセキュリティー上のリスクの問題がある。しかしGoogleによれば、次のようにして解決されたのだという。

ユーザーのプライバシーを保護するため、われわれはこの機能をアプリとエクステンションからのみ利用できるよう限定しています。通常のウェブサイトはバックグラウンド・アプリを起動することはできません。またアプリをバックグラウンドで作動させようとするデベロッパーは“background”というキーワードを宣言する必要があります。

この点はセキュリティー問題以上に影響が大きいかもしれない。これによってウェブアプリをローカルのブラウザにいストールする必要性が格段に増した。これまでChromeウェブストアのアプリのほとんどはすでにウェブサイト上に同種のものが存在していた。しかしバックグラウンド・アプリを作動させたければ、ユーザーはローカルにインストールする他ない。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01