Ning
mogwee

新しいタイプのモバイルソーシャルツールMogweeをNingが立ち上げ–同期化メッセージングも可能

次の記事

詳細スキルのない人でもHTML5/JavaScript開発をクラウド上で簡単にできるCloud9 IDE

Mogweeが今夜(米国時間2/28)立ち上がる。この、Ningの意欲的な新製品は、Ning自身のソーシャルネットワーキングサービスとは無関係で、モバイルプラットホームのためにまったく新しく作られたソーシャルなコミュニケーションツールだ。まず、iPhones、iPod Touches、iPadsといったiOSデバイス用が提供される。

当面Mogweeの主機能は、公開または非公開のインスタントメッセージングふうの会話が簡単にできること。アップデートがリアルタイムで行われるので、会話の同期化ができるし、また逆に、非同期にしておいて返事が来たらアプリに通知させる使い方もできる。

最近の新しいサービスが必ず持っているフレンドとかフォローの機能はMogweeにない。ただし、いろんな人を招待してグループを作り、グループとして会話することはできる。つまり、双方向的なフレンドを作るサービスに酷似しているが、何もかも非常に簡単で、フレンドを加えるとか、削除するといった、面倒な操作がまったくない。実際に使ってみたが、誰にでもすぐに使える、という感じだ。

1対1のコミュニケーションはテキストメッセージングとよく似ているが、従来のSMSになくてMogweeにあるのは、同期化による楽しさ、会話の盛り上がりだ。同期化は、グループコミュニケーションではとくにありがたい。モバイルを使って、複数の友だちや同僚たちと気軽に迅速にグループチャットをしなければならないニーズの多い人にとっては、絶対使いたいアプリケーションだろう。また、画像やビデオを投稿したり、ギフトをあげたり、羊のぬいぐるみを互いに投げ合って遊んだり、といったこともできる。

iOSのほかに、まだ立ち上げていないAndroidバージョンも使ってみたが、どっちも快調に使える(Androidバージョンのリリースはやや先のようだ)。iOSバージョンは今すでにここからダウンロードできる。また、Mogwee.comでブラウザバージョンを使ってもいい。ブラウザバージョンを使うためには、自分の携帯からアカウントを作る。

実際に使ってみるといいだろうね。最初は、チャットに毛の生えたようなものにしか見えないと思うが、でも、非常にいろんなことができるから、職種によっては仕事のツールとしても十分に使えるだろう。ぼくの携帯の上でも、きっと、ときどき使うと思うね。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))