ニールセン調査―米スマートフォン市場でAndroidがiOSとRIMを抜いてトップの座を確保

次の記事

ついに出たPlacekitten: 子猫の写真専門のWebサービス

Nielsenは先ほどアメリカ市場におけるスマートフォンのシェアに関する調査を公表した。それによると、Android OSのシェアは29%で、RIMのBlackberry OS(27%)、AppleのiOS(27%)を抜いて首位となった。

しかしNielsenは「この3者のレースでは、携帯電話機そのものも販売しているRIMとAppleが優位に立っている」としている。GoogleはOSをデバイスのメーカーにライセンスしているためAndroidのエコシステムはAppleやRIMの場合よりも分断化されている。

現在のAndroid OSスマートフォン所有者についてメーカー別の内訳をみると、トップは12%の HTC、これに10%のMotorolaが続いている。Samsungは3位で5%だった。

Nielsenはまた「18歳から24歳の若者の割合ではRIM(4%)やApple(4%)よりAndroidユーザーが(8%)が多い」と指摘している。ここ数ヶ月、Nielsenはスマートフォン市場でAndroidが着実に成長を続けていることを報じてきた。他社の 市場調査報告も同様の傾向を示している。しかしNielsenが今回のレポートで述べているとおり、RIM、Apple、Androidのシェアの差は依然小さく、どれが優勢とも決められない状態が続いている。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01