ニュース

企業にソーシャルネットワークを利用させて活発に見込み客開拓: HubSpotが$32Mの新規調達を完了

次の記事

インターネット上に散乱している自己コンテンツを1本のタイムラインにまとめて見せてくれるMemolaneが一般公開へ

1月に本誌が報じたように、オンラインマーケティング(見込み客開拓)サービスHubSpotが新たなベンチャーラウンドを終えようとしていた。その資金調達が今日(米国時間3/8)完了し、同社はSequoia CapitalGoogle VenturesSalesforce、および前からの投資家たちから計$32M(3200万ドル)を調達したことを発表する。

HubSpotは本社がマサチュセッツ州Cambridgeにあり、これまでにベンチャー資金を合計$65M(6500万ドル)調達している。

同社によれば、顧客数は4000社に達し、いずれもHubSpotのサービスにより自社のWebサイトを管理し、見込み客を作り出している。年商は2500万ドル、前年より1000万ドル増加した、とCEOのBrian Halliganは言っている。

“人びとの買い物の仕方が根本的に変わった”とHalliganは言う。従来的なマーケティング手法…PR、広告など…はもはや効果がない。HubSpotは企業を支援してブログを作らせ、またソーシャルネットワークの上で顧客と直接コミュニケーションさせる。それにより、生成される見込み客の数は半年で数倍に増加するという。HubSpotの利用料金は一社あたり月額250ドルから1500ドルだ。

HubSpotはそのマーケティング技法を、自社にも適用している。同社にはとてもにぎやかなブログがあり、また、Twitter GraderFacebook GraderWebsite Graderといったツールを作って、新しい見込み客の開拓を支援している。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))