おやおや! News CorpのiPad雑誌The Dailyは「サウスダコタで一番リッチなわんちゃん」特集だ

次の記事

PayPalのワンクリック支払いサービス、Express Checkoutで売上18%アップ

ルパート・マードックのiPad専用雑誌、The Dailyの編集長、Jesse Angeloが読者を惹きつけるくだらない話ジャーナリズムとは何かを論じた部内メモは、編集陣を激励するというよりも、盛大なパロディーの対象になってしまった。ユーモア・ニュースショーのホスト、ステーブン・コルベア(StephenColbert)はAngeloの「アメリカで最高齢の犬を見つけてきたまえ遅すぎ。もう見つかっている、それとも、サウスダコタでいちばんの金持ちを見つけてきたまえ”」という文章を茶化して、The Dailyの記者は「サウスダコタでいちばん金持ちな犬」を探してくるべきだとけしかけた。

で、The Dailyは今日、それを実行した

ミス・チャーリー・ブラウンはサウスダコタのBarbとTom Everist夫妻の飼犬で資産は1億3000万ドルだという。しかしコルベアの「そいつはきっと雌犬(bitche)を独り占めにしているにちがいない 」という予測とはちがって、ミス・チャーリー・ブラウンは、飼い主によれば、「ごく質素」な生活を送っているという。「パリス・ヒルトンみたいな犬じゃありません」とのこと。

いや、ほんとにそうだろうか?

ミス・チャーリーはバラの花びらを浮かせた泡風呂を楽しむ。ボニタビーチのプライベート・プールで日光浴し、星条旗を翻した29フィートのヒンクリー・クルーザーに乗る。

なんと、私が犬を妬むことになるとは思わなかった!

The Dailyの無料トライアル期間は3月21日で終了する。発行人のGreg Claymanによれば、iPadアプリはすでに数十万回もダウンロードされているという。しかしそのうちのどのくらいが有料購読契約(99セント/週または$39.99/年。そのうち約30%がAppleの取り分となる)を結んでいるかについてClaymanは1人から10億人の間だと言葉を濁している。

Jeff Jarvisは「The Dailyが損益分岐点までこぎつけるには75万人の講読者を獲得する必要がある。これはWiredのiPadの月間販売数の34倍に当たる」という推測をしている。Murdochの最終目標は数百万人らしい。しかし、ウェブにはユーザーが自由にリンクが張れる無料のニュースサイトが山のようにあるのだが、The Dailyがこの野心的な目標をどのようにして達成できると考えているのか興味あるところだ。

はてさて。

おや。これはiPad専用コンテンツだった。誰か早くiPad持ってきて!

おー!

おー、おー、おー!.

iPad のスクリーンショットはErick Shoenfeldが講読しているThe Dailyから得た。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01